私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第533話「デジャ・ヴ」

ふんがぐぐ。精神が脆いKDです。

ふ~。全くどうかしてたぜ。
ちょっと嫌な事があるとすぐ凹んじまうのが俺の悪い性質だよ。
その分立ち直りも早いんだけどな。
ま、嫌な奴は後で精神的に殺すけどね。

やっぱりね、好きな事やってこそ人生だと思うんですよ。
俺が稼いだ金なんだから、俺の好きなように使いたいじゃない。
ラッキーな事に俺はギャンブルとか嫌いだから、金がガンガン減っていく状態にはなったりしないわけですよ。
勝手に金が溜まっていく体質なんですわ。無駄に使わないから。
本当に欲しいモノorやりたい事があった時しか使わない。
思い出よりモノなんだよ!実際。お金で買えない価値など無いわ!

部隊配属から三ヶ月が経ちまして、嬉しい許可が降りるようになりました。
それは「特外」。特別外出、の略。二日以上の休みがある場合、いちいち駐屯地に戻らなくても良い、というもの。要するに外泊が可能になるって事ですわ。今までは「平外」。平常外出といって、一日だけの外出しか出来なかった。朝0800に外出したら、夜2240までに帰ってこなけりゃならない。
しかし、特外は外泊できる。営内に戻らなくても良い。
実際、営内があんまり好きじゃないんですよ。俺。
仕事が終わって部屋に戻っても、先輩が居るんですよ。三人部屋だから。仕事が終わったら一人で悠々したい俺にとってはけっこう苦痛なわけですよ。仕事だと割り切ってますけどね、ストレスが溜まらないわけじゃない。
しかも…ウチの部屋にいる先輩、これがまたロクでもない人なんですよ。なんつーかね、まあ…悪い所を挙げだしたらキリがないんですが、代表的なのは、
「一方的に喋る」
こっちの台詞を先読みして「…こう言いたいんだろ?」とか言ってくる。ウゼェ。しかも「そんな事ないですよ~」としか返答できないようなモノばかり。「俺の事、ウザイと思ってんだろ?」とか。ああその通りです。テメェはウゼェよ。だからと言って「はい。」とか答えると「お前、なめてんのか?」ですよ。なんなんだこいつは。
一度、黙ってるのも嫌なんで、「それじゃ会話にならないじゃないですか~」って言ってみたら「ダメだよォ。俺が喋る前に即座に返さなきゃ。戦場じゃ一瞬の迷いが生死を分けるんだぜェ?」などとおっしゃる。ばかか。いい加減にしろよ。
しかも机の上に美少女フィギュア飾ってんですよ。ロッカーの中にはアニメDVDが何本か…うわァ。
さらに軍事オタ。これは…まあ、兵隊が軍事に詳しくないってのは逆に宜しくないと俺は思うんで良いんですけどね。

話逸れますけど、居るんですよ。「俺は戦車なんか全く興味ねえ」っていう人。じゃあなんであんた戦車部隊なんか来たのさ。俺は好きだよ、戦車。だって戦車だぜ!戦うクルマだぜ!そういう人と会話する時も「そうなんですかぁ~」って返すしかない。「いやぁ、自分は戦車好きッス!ラブッス!戦車ラブッス!」とか言おうもんなら、「あぁ、そう…(こいつ可哀想なやつだな)」ってパターン。ぐがががァ!

話は戻って…
その二次オタで軍オタの先輩。権力にドカッと居座ってらっしゃる。さぞや居心地がいいんでしょうなぁ。「なんなら俺はこのままのポジションでもいいよ」とか言うんですよ。向上心のかけらもねえ!その上権力を振りかざしたりするもんだからタチが悪い。
さらにさらに、上に反抗したりもするんですよ。「俺は例え上官であっても、使えない奴には使えないと言う!」ってのが信条らしいですわ。へェ、勇ましいこってすな。
オタクに権力持たせるとどうなるかって見本ですわ。
頭は多少回るみたいなんですけどね。まあ、多少頭の良い嫌な奴ってのはこういうもんだって見本ですよ。
仕事に関して尋ねれば親切に教えてくれるし、まあ、多少良いところもあるんですけど、部隊内での彼の評判は最悪ですわ。
会う人会う人に「あいつと同じ部屋で大変だな~」と言われる。良い人もいるんですわ。
あと…こういうのはあんまり言わない方がいいのかも知れないっすけど…いいや!言っちゃえ!
その先輩、顔の造詣が…あまり宜しくないんですわ。
それだけなら別に構わないっていうか、問題にするような事じゃないんですけど。その先輩…自分はちょっと格好いいと思ってるフシがあるんですよ。おいおいおいおい。待てと。わきまえろと。
かく言う俺も前の日記に、「俺ってイケてんじゃね」てな事を書いたので自分を棚に上げられないですが。

う~ん…ここまで書いて気づいたんですが、やっぱりコンプレックスがあるんじゃないかしら。あの先輩。それを隠すために、上に噛み付いたり、下に厳しくしたりするのかも。よく言ってるのは「俺は根が革命家があるからよォ」って台詞。革命家というのは、ある角度から見れば格好いいものでもあります。理想の為に命すら投げうつのが美しく見えるかも知れません。
自分をそういった“一匹狼”的な立場に置き、それを自分で「格好いい」と思う事で、コンプレックスを隠しているんじゃないですかね。
周囲の人にはそれがバレちゃってる。というか、“一匹狼”が格好いいと思っている人ってのはそんなにいないですから、「なんだアイツ」的な視線で見られてしまうのかも。

可哀想な人ですね。とは言うが、同情はあんまりしたくねえな。

そもそも、機甲科には内面が弱い人が多い気がする。
これについてはまた別の機会に。では。
スポンサーサイト




  1. 2007/01/23(火) 09:35:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kdms.blog2.fc2.com/tb.php/294-299f7b4c

この儲け話も たぶん2007年で終わる

ネットビジネス初心者の為に分かりやすいツールを厳選して紹介します。
  1. 2007/01/30(火) 06:19:15 |
  2. 時間切れ
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。