私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レッツ・ゲットセット・リバイブ

第四話『多数決』

「丸木戸誠さん…いや、神っスね?」
 突然の背後からの声に、丸木戸は振り向く。
 若い男がいた。長身痩躯。細顔。無造作な髪型。ラフな服装。Tシャツ……アニメの女の子がプリントされている。
 丸木戸は表情を変えない。
「はい。神ですが何か。」
 男は爽やかに微笑む。
 改めて、彼の顔立ちを見定める。まあ、こいつは“イケメン”の部類に入るだろうな。と丸木戸は思った。
「良かった。探してたんスよ。」
 丸木戸はニヤリと笑う。
「私を抹消する為に?」
 男も唇をねじ曲げて笑う。
「フヒ…そうっス。俺、野柄人哉っていいます。」
「野柄君。イレギュラーの方から私にコンタクトして来たのは君が初めてだよ。」
 絶対客観空間。今、丸木戸と野柄は他者から隔絶された。
「嬉しいっスね。神に誉められた。」
 瞬間、丸木戸は不思議な感覚を得た。
 目の前にいる男……こいつは“独り”ではないのか?
「だけど……残念っス。貴方を倒さないといけないんで。」
 丸木戸は敢えて問う。
「どうして?」
 野柄の目に宿る、他者を見下した視線。
「……人間は神なんて要らないと思ってるんスよ。」
 丸木戸は目の前の男に嫌悪感を抱き始めた。
「なんだ?人間代表みたいな言い方をするんだね君は。」
「いや、要らないんスよ。実際。みんな思ってますよ。神は具現化したらダメなんスよ。あくまで心の中の存在でなきゃ。」
 なんだこいつは。
「いや、それは君の決める事じゃないだろ?みんなって、何処のみんなだ?」
「話になんないっスね。いいから、消えて下さいよ。」

You contacted IRREGULAR, Just now.

やがら ひとなり
野 柄  人 哉
HITONARI YAGARA
【絶対多数】
『Absolute Majority』

其の闘いに於いては
【逃走】と【引き分け】は
存 在 し な い
勝利者は生き
敗北者は死ぬ
実に単純明快にして
闘いのアーキタイプ
されど勝利者は敗北者に尊厳を
死者に弔いを忘れず

言い替えれば其れは
《Funeral》
葬 儀 で あ る

FUNERAL is start.

Let's get set SURVIVE.

「んじゃ、行くっスよッッ!」
 野柄が右の拳を繰り出す。
 丸木戸は避け―――
 意識が飛ぶ。
 それは一瞬。しかし。丸木戸は今まで味わった事のない衝撃を受けた。
「なんだ?」
 野柄は戦闘態勢に構えている。
 彼の放った拳は一撃。一撃だった筈だ。 しかし……。
「どうっスか?“76億人”分のパンチを食らった気分は。」
「……成る程。これが君の能力か。私が神でなければ死んでいた所だ。」
 野柄はニヤリと笑う。楽しくて仕方がないといった風に。
「ヒヒッ……神でなければ死んでいた……その通りっス。全力を出せるのも、貴方が神だからで……」
 丸木戸はやれやれと溜め息を吐く。
「……76億人分のパンチ?中二病も甚だしいな。偶にいるんだ、お前のように、自分が複数の代表であるかのような言動をする奴が。」
 野柄は既に攻撃動作を終えていた。
 またしても―――野柄の言う所の“76億人分”の―――衝撃が丸木戸を襲った。
 丸木戸はゆらりと体勢を崩す。
「ははは。大した事ないじゃないスか。何が神っスか。この程度で……」
 がしっ。
 丸木戸の右腕が、野柄を捕らえた。
 しかし野柄は怯む事もない。
「無駄っスよ。」
 怯まないのは丸木戸も同じだった。
『俺は76億人分の生命力を持つっスからね。』
「お見通しっスか。」
「当たり前だ。神を誰だと思っている。」
「まあ、それに気付いた所で……」
「もう、いいだろ?」
「!?」
 野柄は、身体から全てが失われていく感覚を味わっていた。
「76億人分の力と命。確かに君は、異常な強さを持っているかも知れない。が、神の前では、無力に等しい。何故なら、」
「ああ、あああああ」
「76億“人”だからだ。」
「ああああああああああ」
「こんな事を言うのもどうだか知らんが……神というのはとにかく無敵なのだよ。負けないんだよ。」
「あああ」
「貴様らが束になってかかってこようと」「あああああ」
「……つまらないよな。」
「あああ!あああああ!」
 野柄の叫び声は、76億人分の叫びだった。
「どんな危機もひっくり返す、絶対の力。それが神だ。平伏せ。」
 絶対客観空間が閉塞しようとしていた。
「この調子で、お前らを絶滅させてやる。」
 そして、閉塞。
 野柄の叫び声が遠くなっていく。彼は、今から、76億人分の死を味わっていくだろう。最後の一人になるまで。
 丸木戸は呟いた。
「……まだ終わらないのか?」

》つづく《

スポンサーサイト


  1. 2009/05/17(日) 10:46:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。