私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Basilard

「…来ます。」
 魔法陣の上に座臥していたマインシュッツルテッドノイバウテニカ(マドカ)が、静かに言った。
 対してバゼラードは、不敵な微笑みを浮かべる。
「ふん。突っ込んでくるか。黙って焼けばいいものを。くだらん騎士の誇りにこだわりやがって。」
 シュリン…、と冷たい音を立て、鞘から剣が引き抜かれる。バゼラードが命を預ける一本の剣『アドラー』。
 それを右手に携えて、バゼラードはゆっくりと歩き出す。
「あんたはここにいな。」
 立ち上がるマドカ。
「いえ…奴らの狙いは私です。あなたは引っ込んでて下さい。」
「もっとマシな言い方はないものかな。まあいいや。好きにしな。」
 魔女と傭兵は、戦いへと赴いた。

 マドカの小屋をぐるりと取り囲むスクラマサクス騎士団。
「魔女マインシュッツルテッドノイバウテニカ!貴女は完全に包囲されている。抵抗しないで出てきなさい!」
 次の瞬間、小屋が爆発した。
 ズ ガ ァアアア ン!
 爆炎、揺らめく炎の中から現れたのは、魔女マインシュッツルテッドノイバウテニカ。表情は平穏であるが、そこがまた恐ろしい。
 ( °Д °)←こんな顔で固まる騎士団の面々。
 しかし、1人だけ余裕の表情を浮かべる者がいた。
 騎士団長・マサカズである。
「ほっほお。ハデな登場や。そういうのは嫌いやないで。」
 マドカはゆっくりと前に出る。
「…何の御用ですか。」
「何の御用て。わかっとるやろぉ。…魔女狩りや。あんたをコロシに来たんや。」
「…ふふ。」
 マサカズは剣を抜く。
「何がおもろいねん。」
 炎が一層揺らめきを増した。風が吹いたわけでもないのに。
「…やれるもんならやってみな。ハナクソ以下の下痢便野郎共が。ケツの毛まで焼き尽くしてやんよ。」
 ゴオッ!炎が蜥蜴の形を取った。
「我、契約に従いて汝に願う。炎の使者サラマンダーよ。こいつらを焼き尽くせ!」
 どこからともなく、不思議な声が響く。
〈わかりマンダー〉
 ごおおお!
 勢いを増した炎が荒れ狂う。
「うわー」
 騎士団の大半が恐慌状態に陥った。
「うろたえるんやない!アレを使え!」
 マサカズの声に、一時的に我に返った騎士団の面々は、ポケットから薬を取り出した。そしてそれを飲んだ。
「…ハイパーおちんちんターイム!」
 奇声を上げ、一斉に剣を構える騎士団。
 それを冷たく見つめるマドカ。
「…薬物に頼るなんて。誇り高き騎士団は何処にいったのかしら。」
「結局は人間や。こうでもせな、戦闘精神を保てへんのよ。」
「ふっ雑魚が。」
 マサカズの構えが変わる。
「…せやけど、俺は違うで。俺はクスリなんぞやらん。やらんでも、四六時中テンションバリバリなんや!」
「隙もバリバリやな。」
「なにっ!?」
 マサカズの背後に立つ人影。
「バゼラード…いつの間に…」
「いつの間に?そんな事にも気付かないなんてな。やっぱり見かけ倒しのハリボテ騎士団か。」
「くっ…」
「悪い事は言わねえ。このまま帰りな。てめーら如きじゃ、魔女狩りなんぞ無理だ。命が惜しくねえか?」
「貴方も命が惜しくありませんか?」
「なにっ!?」
 バゼラードの背後に立つ人影。
「アスファルテ…流石やな。」
 騎士団参謀・アスファルテは、マサカズに頭を下げた。
「…バゼラード。貴方とは一度剣を交えてみたかった。どうですか。1対1で戦いませんか。」
「…いいけどよ。この状況じゃな。」
 アスファルテは剣を下げた。
 バゼラードはニヤリと微笑むと、同様に剣を下げた。
 二者は間合いを取る。それは、剣士同士が刃を交える時の距離だ。
「…では、始めましょうか。」

つづく

スポンサーサイト


  1. 2009/04/05(日) 13:56:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Basilard

 ルフェリア村。
 戦乱のツフォルンエンペラス領内では珍しい、平和で素朴な村であった。
 戦乱の世にあって何故平和かというと、魔女が守っているからである。
 魔女はものすごい魔力を持っているので、みんな怖がって近寄らない。そうすると魔女の方も困るのである。魔女と言っても、魔力がすごいだけの女の人なので、完全に1人で暮らすのは難しい。
 そんな魔女を不憫に思って、ルフェリア村の人達は、魔女を村に迎え入れた。
 魔女の名を…

「マインシュッツルテッドノイバウテニカと申します。」
「長いな」
 バゼラードの眼前に立つのは、長い黒髪の美しい女性である。風貌、物腰、とても恐ろしい魔力を持った魔女とは思えない。
「そうですね。マドカ、と呼んで下さい。」
「なぜ!?」
「なんとなく。」
「まあいいや。…実は、スクラマサクス騎士団がこの村を狙っている。奴らの狙いは魔女狩り…とするも、村を焼き払う事を考えているようだ。俺には解せないが。」
「存じ上げております。…おそらく、村の地下に眠る遺跡が真の狙いでしょう。」
「遺跡?」
「超古代の産物ですわ。伝承には、神の乗り物とされています。通称、メルカヴァ。」
「…手に入れるとどうなる?」
「恐ろしい力を手にできると聞いています。」
「それは恐ろしい。どうしよう。」
「まあ、チンカス騎士団が束になったところで、私の前では蛆虫以下のゴミですわ。それに、バゼラード様がいらっしゃるのならば、向かう所敵なしでしょう。」
「俺の事を知っているとは光栄だ。」
「ええ。“神風のバゼラード”の名は、聞き及んでおります。」
「ありがとさん。ま、とりあえず、騎士団が攻めてくるのを待って迎撃するのが良さそうだな。」
「そうですわね。」
「うむ…ところで質問なんだが。」
「何でしょう。」
「なんでスクール水着を着ているんだ?寒くないのか?恥ずかしくないのか?痴女なのか?」
 バゼラードが言う通り、マドカはスクール水着を着ていた。そもそも、スクール水着は、マドカのような歳の女性が着るようなものではない。スクールと言うくらいなので、ユーザーには8~17歳の女子を想定している。
 しかしマドカは大人の女性だ。なので、かなりむちむちな感じになってしまっている。
 それがまたよい。よい!最高!うはー!
「はい。実はいやらしい事大好きです。」
「魔痴女…か。」

 それから3日後。
 ルフェリア村を一望できる丘の上に、騎馬の一群があった。
 白馬に跨る男は、スクラマサクス騎士団長・マサカズ=フォン=アルゲマイネ。
 その傍らに、地味な格好の偵察員が跪いた。
「…村は手薄なようです。現在、村にある戦力は、魔女マインシュッツルテッドノイバウテニカ、そして…傭兵協会からの派遣社員が一名。奴は…バゼラードです。」
 マサカズは、美しい金髪をかきあげながら口を開いた。
「…ほお。凄腕傭兵が来とるちゅうウワサはホントやったみたいやな。」
 騎士団の参謀、マサカズの腹心である、アスファルテ=ゴスペラニクスが、騎士団長にゆっくりと近付く。
「…如何致しましょう?」
「焼き討ちは止めや。」
「では、直接…」
 マサカズは頷く。
「せや。魔女狩り法に則って、マインシュッツルテッドノイバウテニカとガチでやったるわ。正々堂々とな!」
「魔女の魔力は凄まじい…しかし、それをわかっていながら正々堂々戦う…我々に出来ない事を平気でやってのける。流石は我々の長!そこに痺れるッ!憧れるッ!」
「いくで、皆の者。魔女の首を取れば、俺らの名も上がる。ほしたら、俺らが主、アンヘリエッタ様の名も上がるちゅうもんや!なーに、俺らは一騎当千のスクラマサクス、魔女の1人や2人、ちょちょいのちょいやで!」
「おー」
 騎士団は歓声を上げ、マサカズの白馬が先陣を切る。それに続き、怒涛のように、騎馬の駆け音が響き出すのであった。

つづく



  1. 2009/04/04(土) 23:51:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。