私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第0話「鋼鉄の宿命」

一つの戦いが終わり
新たなる戦いが始まろうとしている…


あと一週間も経たない内に
俺は教育課程を修了する。

今までは学生に過ぎなかった。
兵士と呼ぶにしては未熟な存在であった。
あくまでも“学ぶ側”としてのスタンスでしかなかった。

だが、これからは違う。
いよいよ俺は、部隊に配属となる。
安っぽい白ネームから卒業して、OD色の部隊ネームを授かる。
部隊の正式な隊員である識別帽を被り、
装甲用の戦闘服を身につける。
制服の襟には、戦車と天馬を象った機甲科の徽章。

「困ったら班長に聞けばいい」期間は終わった。
これからは、自らの頭と身体を駆使して、
正式な自衛隊員として働く。

苦しい道になるだろう。
部隊とは、使えない人間は省かれるシビアな世界。
「おちこぼれを出さない」教育隊とは違って、
全ては自分の匙加減次第。
“出来ない奴は尻を叩かれて努力を強いられる”場から、
“出来ない奴は放って置かれる”場へ。

ここからだ。
ここからが自分の真価を問われる時だ。
楽な道を進むか、
茨の道を進むか。

ここは茨の道が普通の世界。
甘ったれ者は要らない。

俺がどこまでやれるか見せてもらおうじゃないかッ!
俺の右手が真っ赤に燃える!弾を込めろと輝き叫ぶ!
富士の力を拝借してェェ…!
今!咆える!必殺の装填手パァァァァンチッ!!



次回予告。

遂に半年の教育期間を終了したKD。
数ある職種の中から、機甲科という道を選び、
戦車部隊に配属となった。
希望と不安を一緒に抱え、
戦いは新たな地、富士学校へと移る。

次回「最後の砦」!
ダメ人間の修羅場が見れるぞ!

スポンサーサイト


  1. 2006/09/24(日) 15:40:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

涙の車載機関銃

こんにちは。KDです。

私が兵隊になってからもうすぐ半年が経とうとしておりますが、
相も変わらず束縛の日々であります。

常に何かしらに縛られているのが今現在の私です。
仕方のないことですけどね。
まだまだ自分は下っ端ですから。

下っ端の時期というのは辛いものです。
しかし、何事も、下積み無しで上に立つということは有り得ない。
幹部になるにしても、士官学校に行かねばならない。
そこにおいては、下っ端として、幹部のイロハを学ばねばならない。

自衛隊というのはそういった所がはっきりしていると感じます。

下働きの陸士。
基幹となる陸曹。
上でふんぞり返る幹部。

普通は、陸士→陸曹→幹部という道を歩むわけですが、
陸士から陸曹になるには、陸曹教育隊という所でこれまた厳しい訓練を積まねばならない。
陸曹から幹部になるにしても、士官学校でこれまた厳しい訓練を積まねばならない。

私に至っては、まだヒヨッコ陸士ですから、陸士教育隊という所でそこそこに厳しい訓練を積まねばならない。

上に行くには必ず壁が存在する。

あー。自分で書いててなんですが、当たり前ですわな。

今の自分は山を登っている状態なんではないかと思います。
山を登るのは苦しい。
苦しいのは当たり前。

なんかこういうこと書いてるとメチャクチャ厳しい所のように感じますが。
そうでもないです。
楽しいこともそれなりにありますよ。

ただね…なんかだるい。

だるいぜ。
駐屯地帰りたくねぇー。
何処か静かでネット環境が整っててご飯とか風呂とか勝手に出来てる地に行きたい。

おらっしゃあ!

支離滅裂な泣き言はこのぐらいにしてそろそろ逝きます。
いざ戦いの地へ。
ばんざーい。



  1. 2006/09/10(日) 16:46:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

鋼鉄の獅子と硝煙のアリア

グッドアフタヌーン。KDです。

KDは レベルが あがった!
KDは 大型特殊車両(カタピラに限る)の運転免許 を手に入れた。
KDは スキル:戦車操縦 を身につけた。
KDの 戦闘能力が 格段に アップ!(戦車搭乗時に限る)

これで道端に戦車が乗り捨ててあったりしたらパクって自分のモノにできますね。
こちとら48時間以上の操縦訓練受けてんだ!
キャタピラのついた乗り物なら任せとけ!

KDは スキル:戦車砲撃 の 取得を こころみた!
しかし ジョブレベルが たりなかった。

ん。まあ。
俺にはせいぜいここでスイカに水をやることと蹂躙ぐらいしかできない。

しかし考えてみれば不思議なものです。
スポーツカーなんかよりも戦車が好きで、大きくなったら戦車乗りになれたらいいなーなんて幻想を抱いていた幼少の僕。
そのタダの戦車好き少年が、ホントに戦車乗りになってしまいました。

しかもだ。
配属部隊は某所にある 兵器実験部隊 だそうです。

ウソだと思うっしょ。
この後何行目かに ウソです って言葉が出てくると思うでしょ。

出てきません。
マジです。
でも、秘密保全の関係上、ウソということにしておきます。

というわけでまた来週。



  1. 2006/09/02(土) 14:07:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。