私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

俺はそういうムチャが好きだぜ!

命を奪うのは実に簡単だが
命を救うのは本当に難しい

KDです。

いやはや、人をまとめる仕事というのは本当に大変です。
特に、まとめる側と、まとめられる側の間に、何の権力の差もないという状況が一番難しい。
権力があれば、まとめられる側の人間はある程度納得します。
たとえ不満があっても、そこは職業柄。
上官の命令に服従するのは仕方のないことと割り切ることができます。

しかし、同じ階級の人間が指揮を執っているというのは、指揮される側にも腑におちない部分があるでしょう。
「なんでアイツが指揮してやがるんだ」
「どうして同じ階級のヤツに命令されなきゃいけないんだ」
そういった不満が出てくるのは避けられないことだと思います。

おいらはなるべくなら、そういった不満を減らしたい。
全員の意見をなるべく尊重したいと思います。
でも、物事には、“その時間までに決めなければいけない”という締め切りが存在します。
おいらの場合、職業上、期限というのは重要なファクターなんです。

だから、少数派の意見は切り捨てなければいけなくなってくる。
そうしないと、いつまでたっても物事が決められないんです。

こんなことがありました。
部隊で統制して、ジャージを作ろうという話になったんです。
はいそこ笑わない!特別職国家公務員にとってジャージは欠かせないアイテムなんだからねっ!
…んでまあ、おいらと、同期がもう一人、そのジャージ作りのまとめ役になったわけです。
まずはパンフレットを全員に回して、どのデザインにするか考えてもらいました。
ある程度、案が挙がったところで、その多数の案の中から、一つに絞ろうという形になったんですわ。
みんなが集まる自習時間。ちょうどいいと思い、おいらは話し合いを始めました。
そして、何とかデザイン決定…となったわけですが、出るわ出るわ。不満の山。
みんな口には出してはいなかったのですが、あからさまに態度に出てましたよ。

「なんで今更お前が仕切ってんだよ」
「俺は自習したいんだ。どーでもいいから早く決めてくれ」
「まずパンフレットがアデ○ダ○だけしかないというのが気に入らない」
「俺の意見は却下かよ。おもしろくねえ」

…などなど。
もちろん、積極的に話し合いに参加してくれた人もいましたし、こちらの意見を呑んでくれた人もいました。
でも、上記のような態度を見ると、やっぱりツライものがあります。
仕方がないんだよ、期限があるんだよ、と頭で理解しても、やっぱり心で理解できないというのはあるでしょう。

本当なら、一人でも作りたくないという意見があれば、ジャージ作成計画は実行しないという形を取りたかった。
でも、それをすると、作りたくないと言った人が除け者扱いされてしまうという危険性があります。
そして何より、みんなで同じものを着るということで、団結を図りたかった。

でも、不満が残っている状態で、作成計画は次の段階に進んでしまいました。

最近、後悔ばっかりですわ。
もう少しうまくやれたんじゃないかと思うことがしばしばです。
団体生活は大変だ。
それでも、何とかしなけりゃならんとです。

戦車は乗員が一人でも欠けたら動かない。
戦車を動かすのはエンジンでもガソリンでもなくて、
乗員たちの心なんです。

あれ?なんかくせえな。誰か屁でもこいたのかな。

スポンサーサイト


  1. 2006/07/22(土) 11:36:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

現状とは

調子に乗って一日に二回更新しちゃうぜ!

まあ、そんなに怖い顔しないでくれよ。
俺だって言いたい事がたくさんある。
書かせてください。チラシの裏。

今俺は幸せなんだ。
誰にも邪魔されないこの空間!この時間!
うるせえ上官もいねえ!
クソガキみたいな同僚もいねえ!
最高だ!最高すぎる!

同僚がクソガキ過ぎて困る。
確かに、何人かは大人の判断・行動ができる奴もいる。
でも、それ以外はみんなガキだ。クソガキだ。
義務も果たせないクセして権利ばっかり主張しやがる。
仕事もできないクセして口だけは一丁前。
そのせいで、問題なく生活してる奴等まで泥をかぶるハメになる。
正直、そんなクソガキどもは放っておきたいってのが実情だ。
しかし、それをやると上官が怒鳴る。
「お前ら同期だろ!助け合え!」
おいおい、これが同期?勘弁してくれよ。
助け合え?助けたところでツケあがるだけだ。クソガキどもめ。
「俺が何もしなくても、誰かがやってくれるだろう」
最悪だよ!もう!
だるいだるいの連発で、チンタラチンタラ動く。
何なんだよ!
だるいのはみんな一緒だろうが!

…って言ったんだ。
みんなで話し合う機会があったからね。
もちろんオブラートには包んだよ。

それでも!そ!れ!で!も!
だるそうな顔して「なんでわざわざみんなで話し合わなきゃいけねんだ」的なオーラバリバリの奴がいるし!

仕事は楽しいです。
子供の頃から憧れだった戦車が仕事道具。
こんな楽しいことはない。

ん?だったらいいんじゃないか?
仕事だと割り切ればいいんだよな。
人間関係なんて、別にな。
仕事上の付き合いだけで十分だよ。

うん。
そうしよう。
仕事だから。
金もらってるし。
仕方ないよな。

以上、自己解決の様子をお伝えしました。



  1. 2006/07/16(日) 17:10:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国家機密のアッコちゃん

どうも国家権力です
嘘です
一兵卒のKDです

まあそんなことよりちょっと聞いてくれよ
毎度毎度のことだけどさ
俺はさ、まだぺーぺーと言えども、国家の秘密に関わる仕事をしてるわけだ
だからさ、発言にも制限がかかるわけよ
まあ、当たり前だよね
警察官が、逮捕者の名前をベラベラしゃべって回ったり
消防官が、火事になった家の住所とかをペラペラしゃべって回ったり。
そういうことしたらまずいよね。
だからさ、公務員には秘密を保持しなきゃならないという義務があるわけさ
これは別に、「俺は国家機密に関わる仕事をしてるんだぜすごいだろ」とかいうクズみたいな虚勢を張りたいわけでも何でもなくて
まあ、考えればわかることなんだ。
これは一般企業だって同じことが言える。

そういうわけでね、何度も言っているように
ホントはブログとかもつけちゃいけない。
いや、つけてもいいんだけど
上官に報告しなきゃなんないのさ。

でもそういうのって、どうよ?
ここは俺のチラシの裏なのよ。
日ごろ思ってることを吐き出す場所なのよ。
日常の、何もかも管理された生活から抜け出せる唯一の場なわけよ。
メシも、フロも、クソも自由にできない
そんな生活から抜け出すことのできる安息の地なわけよ。

いや、管理された生活が嫌なわけじゃない。
それなりにメリットもあるし、何より仕事だから。
俺は正直、今の仕事に誇りを持ってる。
だけど、やっぱり独りっきりになりたい時間もある。
ごめんよ欲張りで。

というわけで、何が言いたいかって
これからもブログはできるだけ更新していくつもりです。
できれば、今まで以上のペースで更新していきたい。
上にバレようが知ったことかい。

…というわけでなんかホント好き勝手に書いてしまったわけですが、
まあ、色々あるわけで。
今朝、上官にさんざん怒鳴られたわけで。
「お前ら外出禁止だ!」とか言われたわけで。まあ結局外出したけど。
で、怒鳴られるのは慣れたからいいけど、
やっぱ人間関係、これだね。
なんか、後期の部隊は仲間同士の折り合いが悪いみたい。
前期は楽しかったんだけどなぁ。
ホント、独りになりたいと思うことがしばしば。
仲間といると、疲れるんですわ。

ウツなのか。
いやいや。

つーわけで久々に長く書きましたね。
実は今、ネカフェにいます。
個室です。楽しいなあ。
パソコン使い放題。いや楽しいなあ。

みんながんばってるかー。
あんまりこういうことは言いたくないけど、
俺、がんばってるよー。
苦しいこともあるけど、なんとかやっていこうという俺が居る。

今日はこれにて。

実にまとまりがなくてすまんス。
では。



  1. 2006/07/16(日) 15:55:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戦車乗りは複合装甲の夢を見るか

今、撲殺天使ドクロちゃんのOPテーマを聞きながら、この文章を書いています。“いいのかそれで”KD二等兵であります。

とりあえず近況報告をば。

戦車に乗ってエンジンかけました。

以上です。

つーか、アツいです。何がって、全てがですよ。
「いいかおまえら。おまえらが戦車を雑に扱えば、戦車はおまえらが困っていても助けてくれん。
「しかし、おまえらが戦車を大切に扱えば、戦車は必ずおまえらの想いに応えてくれるんだ。これはホント、そういうもんだぞ」
こういう言葉が真顔で出てくるような職場なんですよ。
ステキですよね。

とりあえず、8/5~8/13に長期休暇が貰えるみたいなんで、暇な人はその時にでもお会いしましょう。
ではまた。



  1. 2006/07/15(土) 08:06:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クルマさえありゃ、俺だって!

どーもこんにちわ。戦車乗り見習いのKD二等陸士です。
いまだにここを見てくれている人はいらっしゃるんでしょうか。まぁ別にいいんですけども。

さて私KDは、後期教育部隊配属となり、静岡県は駒門駐屯地にやってきました。
ここは、さすが機甲教育のメッカだけあって、74式、90式、その他戦闘車両が勢揃い。
しかし、慣れのせいか、大して感動がないという悲劇。
駐屯地の近くには建設途中で放棄?された第二東名がそびえており、さながら最後の砦といった雰囲気であります。
この地で3ヶ月間、戦車乗員となるための教育を受けるわけですが、昨日、早速10㎞走らされ、戦車道の険しさを実感した次第。まあ今のおいらに10㎞ぐらいは普通ですがね!

つーわけで、面白い歌を見つけたので紹介し、締めとさせていただきます。

〈吼えろエンジン〉(一番)
吼えろエンジン 駆けるぞ山河
響けキャタピラ 道なき道に
迂回追撃 命令一下
胸のすくよなこの機動

(二番)
越えよ障害 遅るな歩兵
突破蹂躙 広ぐぞ戦果
積極主動 防御の盾に
どんとぶつかれ このちから
(セリフ)
「砲手 徹甲 800 戦車!」
「装填よし!」

(三番)
狙え目標 初弾の速さ
飛ぶぞ徹甲 対戦車戦
人も戦車も心は一つ
息もつかせぬこの火力

ちなみにまだどんな曲なのかはわかりません。8月の長期休暇までは歌えるようにしておきますんで。お楽しみに。

では、またいずれ。



  1. 2006/07/01(土) 08:24:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。