私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

NETAL GEAR SOLID -WATER SNAKE-

----------ミッション ブリーフィング----------

カナガワケン ボウショ ニ アル ケイリュウ "カンシチノサワ" ニ センニュウ.
ジョウリュウ ニ ナニガ アルノカ カクニン セヨ.
OVER.


KDスネーク:
待たせたな。大佐。


大佐:
KDスネーク、今回の君の任務は、渓流を逆行し、上流に辿りつくことだ。尚、今回の任務には以下の者達が同行する。


<熊本県民>
キッツイ命令を下し、実行している者を楽しそうに眺める。現人鬼。
<ぼうず>
巧みな話術で「やらざるを得ない」状況に持っていく。破戒僧。
<スーパーロボット>
タフガイ。一人で大抵のことをこなしてしまう。スポーツバカ。
<おっさん>
部隊内では一番扱いが難しい。彼の挙動はほぼおっさんのそれだ。
<海パン>
常時海パン。頭の足りない子。かわいそうに。
<ダンディ>
ヘタレ。たまに予想のできない行動をとるのでこわい。
<キャベツ太郎>
キャベツ太郎を大量に不法所持の疑い。
<テリー>
よく動く。体力がハンパない。マゾ。
<ヤンキー>
紅一点。ヘタな野郎より度胸が据わっている。

KDスネーク:
色物揃いだな。

大佐:
確かにそうかもしれん。だが、彼等は精鋭だ。君の足を引っ張るようなことはないだろう。
以降、連絡は周波数072.1で行う。何かあったら連絡してくれ。

KDスネーク:
了解。これより任務に入る。

KDスネーク:
大佐。いきなり問題が発生した。

大佐:
どうした、スネーク。

KDスネーク:
雨が降っている。確か今回の現場は河のはずだ。

増水して大変なことにならないか?

大佐:
気にするな。君ならやれる。

KDスネーク:
大佐。また問題が発生した。

大佐:
今度は何だ?

KDスネーク:
山だというのに、海パン一丁のヤツがいるんだが…。

大佐:
ああ、それはザ・海パンだ。企画部隊の一人。生粋のアニオタだ。
彼が海パンをはいているのは、ザ・ぼうずとザ・熊本県民の仕業だ。
まあ、河だからどうせ濡れるし、海パンでも支障はないだろう。

KDスネーク:
それはそうかも知れんが…ここは渓流だ。辺りには岩も転がっている。
転んだりしたら危ないんじゃないか?

大佐:
気にするな。彼も楽しそうじゃないか。放っておいていい。任務に戻れ。

大佐:
スネーク。ポイントF1に着いたようだな。

KDスネーク:
ああ。これぐらいなら大したことはない。
途中、綺麗な水場があったのでみんなはしゃいでいた。
俺も滝に打たれてみた。気持ちが洗われたようだ。
それと…ザ・熊本県民が味方を攻撃した。

大佐:
何だと?何を使ったんだ?

KDスネーク:
水鉄砲だ。
俺も背後から撃たれた。というかさっきから隙あらば撃ってくる。
かなりうっとおしい。

大佐:
彼ならば仕方のないことだ。耐えるんだ、スネーク!

KDスネーク:
大佐。ポイントF2に到着。厄介なことになった。

大佐:
どうした。スネーク。

KDスネーク:
ポイントF2の滝だが…かなり高い。ほぼ垂直だ。
これはロッククライミングをするしかなさそうだ。

大佐:
よく見るんだ、スネーク。そこには残置ハーケンがある。残置ハーケンを使って登るんだ。

KDスネーク:
了解。今、ザ・海パンが滝を登っているところだ。
下から見るとかなり嫌だ。

ローアングルで野郎のケツを拝むとは思ってもみなかった。

大佐:
耐えるんだ、スネーク。

KDスネーク:
!?
大変だ大佐!
ザ・海パンが足を滑らせて落下した!

大佐:
何だと!?どうなった!

KDスネーク:
間一髪でザ・スーパーロボットが支えたようだ…大きなケガはない。
ただしザ・海パンは股間を強打。スーパーロボットの腕が、ちょうど股の間に入ったらしい。重力加速度でキ○タマを打ったようだ。

大佐:
そうか…何しろ大怪我しなくてよかった。

KDスネーク:
ああ。しかし…やはり海パンはおかしいんじゃないか?

大佐:
気にするなと言っているだろう。気にしたら負けだ。今は自分のことだけを考えるんだ。

KDスネーク:
…わかった。
今、ザ・おっさんが崖を登っているんだが…

大佐:
どうした?

KDスネーク:
…やたら時間がかかる。しかも…いつ落ちてくるか不安で仕方がない。
下で様子を見ている俺達の身にもなって欲しいものだ。

大佐:
滝壺は冷えるからな。
しかし、ザ・おっさんはその名の通り、挙動がおっさんだ。
おっさん以上におっさん過ぎる、と言ってもいい。時間がかかるのは仕方がない。大目に見てやれ。

KDスネーク:
ああ…しかしな、おっさんが落ちてきたら支えきれないかもしれないぞ。何しろ、全部足から行こうとするからな…普通、よじ登る時は上体を崖に掛けるだろう?下から見ると、丁度、おっさんが崖の上に寝転がっているように見える。あのままこっちに背中から転がり落ちてきたりしたら…

大佐:
もし落ちてきたときは君と熊本県民、スーパーロボットの三人で支えるんだぞ。

KDスネーク:
…何とか登りきったようだ。やれやれ。
次は俺の番だな。

(…意外に足がかかりづらい。足をかける場所を間違えたら大変だな)
(ちょ、ちょっと待てよ…)

大佐ー!裏切ったな!

大佐:
何だ。

KDスネーク:
予想以上に怖い!
こんなに死を予感したことなんてなかった!

大佐:
知らん。

KDスネーク:
大佐ァァァーーー!!

KDスネーク:
な、なんとか登りきった…F2でこれ程とは…この後どうなるんだ?

パラメディック:
スネーク、SAVEする?
>YES
  NO

KDスネーク:
性欲を持て余す。

パラメディック:
次回に続くッ!



スポンサーサイト


  1. 2005/08/20(土) 00:46:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クーラー病

身体に疲労感がみなぎる!

クーラーをかけっ放しで寝るとそうなります。

しかし何故なのだろう。
クーラーからそれほど有害なモノが出ているとは思えんのだが。

仕方ない、扇風機だ。

扇風機の風を長時間身体に当てっ放しにしておくと、大変なことになります。
なんか筋肉が攣ったりするらしい。

となると扇風機もダメです。

要するに人間は冷気に弱いということでしょうか。

そんなことを言われても、日本の夏はクソ暑いのでクーラーなしではとてもとても。

でも思ったんですが。
クーラーって熱交換システムだから、部屋の中が涼しくなれば涼しくなる程、外に排出される熱量が増えるってことですよね。
ってことは、みんながクーラーばかり使ったら、熱い空気が増えていってしまうということですよ。
その内、外気がヤバイくらい熱くなって、クーラーなしの場所に出たら死んでしまうって環境になるんじゃないでしょうか。
怖いですよね。

だからクーラーの設定温度はいつも28℃。

寝起きなので文章にまとまりがない。



  1. 2005/08/15(月) 14:10:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

22の夜

諸君、久し振りだな!
KDでス。

当方、最近は夜の散歩にハマっております。
散歩ッつっても、原付で走り回ってるだけですけどね。
原付だから微妙なんですよ。ツーリングって言うのもおかしい気がする。ドライブってのもまた違う気がする。
となるとやはり散歩?
いいフレーズはないものか。

そうだ!徘徊だ!

最近は 夜の徘徊に ハマって おるんです。
リトルカブに乗り 夜の山道を 駆け巡って おるんです。
22歳厄年。プリン好きの しがないベトコンで ございます。
逃げる奴は ベトコンです。
逃げない奴は よく訓練された ベトコンです。
本当に この世は 地獄で ございます。

そんなことより!

夜の徘徊は楽しいですね。
信号が赤の点滅を繰り返すぐらいの時間帯にもなると、ほとんど車の往来はありません。まさに公道は俺のテリトリー状態。公道最速伝説ですよ。

俺の家の近くには、頭文字Dにも出てきた(らしい)山道があるんです。そこをリトルカブで走り抜けるわけだ。

脳内ではユーロがかかりっぱなし。
そして極め付けは、

ギャギャギャギャッ!!(口で)
プッシャァァァアアアッ!!(口で)

タイヤの擬音を真似してみたりするわけです。
脳汁がドッバドッバ出ます。峠を攻めてみたくなります。拓海よろしく、溝にタイヤをひっかけてカーブを曲がってみたくもなります。が、バイクでアレをやるとただの脱輪になってしまう危険性もあるという諸刃の剣。素人にはオススメできない。

しかし、如何せんリトルカブでは、高速域の快感というものを味わうことができません。どんだけギャギャギャー言おうがプシャシャー言おうが、60km/hの壁を越えることもままならず。

そこで中免が欲しくなった今日この頃。
しかし中免だけ取ってもバイクがなければ峠も攻められません。

ちょっと珍走団(※暴走族)の気持ちがわかりました。

盗んだバイクで走り出したくもなるよ。15の夜。



  1. 2005/08/05(金) 01:35:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。