私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

力への意志

ゼノサーガ見てて思ったんですが。
どうしてこいつは美少女なのか。
メカなんだろうロボットなんだろうお前は!?
漢なら誰もが一度は憧れる戦闘用ロボットなんだろう!?
それが何故!?

兵器の外見を美少女にすることによるメリットについては、

・敵勢力の攻撃精神を減衰させる。
・メンテナンス時にハァハァできる。

ぐらいしか思いつきません。
メンテナンス時に云々はいいとして、敵勢力の攻撃精神減衰に関しては、どうも納得いきません。
だって卑怯でしょうが!
確かに、普通の人だったら、美少女をやっつけようとは思いませんよ。
「敵の新型兵器だ!破壊セヨ!」って言われて、目の前にこいつが出てきたらどうしますアナタ!次から選べ。

① 「こ…これが兵器だというのか!?」と躊躇する。
② とりあえず接触を試みる。
③ 祈りながら引き金を引く。
④ 問答無用でルパンダイヴ。

<①を選んだあなた>
戦場での気の迷い。即ち死です。残念!
<②を選んだあなた>
確かに相手は兵器とはいえ美少女。その気持ちはわかります。が、相手は兵器。あくまで人殺しの道具なのです。即ち死です。残念!
<③を選んだあなた>
戸惑うことなく引き金を引いたあなた。しかし運悪く、弾丸は目標に当たることはありませんでした。最後にあなたが見たものは、眼前に迫る美少女の姿…まぁ幸福と言っちゃ幸福な死に方かもしれません。即ち死です。残念!
<④を選んだあなた>
ルパンダイヴ。ジャンプと同時に、一瞬にして脱衣するという古より伝わる技です。ですが、相手は心を持たぬ戦闘機械。おまけに身を守るものを全て外してしまったあなたに、勝ち目はありません。即ち死です。残念!

ほら!結局死ぬことになるでしょうが!
こんなの卑怯ですよ!どうして大人は汚い事ばかりするんだーッ!
兵器の外見を美少女にするなんて邪道です。それで正義か。それが貴様の正義なのか。
とある隊長の言葉を借りれば、「戦場に女がいるってのが気にくわねんだよォ!」ってとこですわ。

まぁね、"女兵士"は許せるんですよ。個人的に。
だって元から女なんだから。そんなことに文句は言えない。

が、兵器として運用するためのモノを、わざわざ美少女の姿形にするとは何事か!貴様それでも軍人か!

まぁ俺には通用しませんけどね。
俺は戦闘で負けた女は必ず脱ぐものだと信じている。そいつが俺のジャスティスッ!
従って、戦場で美少女を見たら躊躇うことなく引き金を引く!

欲望の力を拝借してェ、今、栄光の、サン・アタック!

スポンサーサイト


  1. 2005/01/31(月) 07:23:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ムリハナイ

なんだかんだいって駄目人間からは抜け出せそうにないので、
無理はしないことにします。
もう駄目人間のままでいいです。

ところでKDが無類の独逸好きだということはあまり知られていません。
まぁ、独逸好きなんです。というか、独逸兵器が。
一般に独逸人は凝り性で、職人気質の民族と言われています。
そんな彼等が造った兵器が、どうしてカッコ悪いものになるでしょうか。いえ、なりません。
そんな僕の脳裏に、先程、突如としてとある単語が浮かんだのです。
「ケッテンクラート」
それは確かに独逸語ライクな響きでした。ケッテンは…猫。クラートは…わかんね。
何処かで聞いたことのある単語だなぁと思い、僕は早速ググってみることにしました。
すると出てきました。

やはり独逸兵器だった!

と、このように脳内には独逸兵器の名称がポロポロと収納されており、時たまそれが雷光のように蘇るのです。

んで、ケッテンクラートはなんかバイク型装甲車のようなものだということがわかりました。バイク型装甲車!かっこいいですよね。
しかし、一番にヒットした画像に写っていたのは、ケッテンクラートだけではありませんでした。
「Ta388A フッケバイン」
フッケバイン!独逸空軍が極秘に開発していた次期主力戦闘機!
当時としては珍しいジェットエンジンを搭載した新鋭機!
かっこいいですよね。うん。
ナニがって、まず名前がかっこいい。
フッケバインですよ。伝説の「凶鳥」の名前の独逸語読みです。
戦闘機に「凶鳥」の名前を付けようと思いますか?
いやぁー、すばらしい。
そのネーミングセンスに脱帽です。

…。
…。
…。

言いたいことはそれだけです。さようなら。



  1. 2005/01/30(日) 20:42:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

第一話 「闇からの覚醒」

<前回までのあらすじ>
駄目人間として堕ちる所まで堕ちてしまったKD。だが、彼の心の奥には、まだ再生の炎が燃えていた。今、遂にその炎が燃え上がる時が来る!そして彼は真人間への辛い道のりを歩み始めるのだった…。

というわけで、この時間は、駄目人間戦記KDをお送りします。

まず狂いに狂った生活習慣から改善していかねばならない。
そう思った私は、睡眠時間を通常体制に戻すことにした。
そのためには、24:00前には床に就いていることが必要だ。そして、次の日の8:00位には起床せねばならない。
だが、すっかり夜更かしの悪慣習が染み付いてしまった身体は、24:00前の時刻に簡単に眠りにつくことはできない。
そこで、一度徹夜をすることを決意した。
そうすれば、眠気は24:00前ぐらいには最大値となり、すぐさま眠りにつくことができるはずだ…。

私の挑戦はまだ始まったばかりなのである。



  1. 2005/01/29(土) 22:09:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

体内時計崩壊

まぁ言いたいことはタイトルを見てもらえればわかると思うんじゃが。
まぁそういうことじゃ。
今日床に就いたのが5:00じゃろ、して、起きたのが21:00なんじゃ。
16時間も眠り続けたことになるのう。
わしゃ人間じゃ。爬虫類や両生類と違って冬眠をする性質は持っておらん。しかしじゃ。もはや冬眠に近い眠り方じゃ。
これはいかん。どうすりゃいいかのう。
明らかに体内時計がボロボロになっておるとしか考えられん。
おかげさまで何だか喋り方がじじむさくなってしもうておる。
自分でも変だとは思うのじゃが、何だかこの喋り方が楽なんじゃよ…
わしも老いたのう…



  1. 2005/01/28(金) 21:22:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歌はいいねぇ碇の息子さん

やっほー!KDでーす!(キャッチーなキャラ作りを目指して)

今日は久々にサトー少佐とカラオケに行ってきました。
やっぱり思いっきり歌うのは気持ちが良いですね。
キーが出なくたって構うもんか。アニソンしか歌えなくたって構うもんか。
大事なのはハートだぜ!ハート!突撃ラブハート!

うッ。
ラブって言ってしまった。
ちッ。ヘドが出るぜ。

KD は らぶによわい
KD は しんだ
(SaGa2ネタ)

しかしいちいち(なになにのネタ)って説明すんのは面倒ですねぇ。
そう言えば、ちょっと前に、コントでジブリネタをやったんですよ。んで、その時はウケたわけ。ここまではまぁいいですよ。
その後、打ち上げ飲み会ってことで女子大の人達と飲んだんですけどね。
僕の友人が、
「いやーKDくんのジブリネタは良かったよー」
みたいなことを言ったんです。
そしたら、女子大の人が、
「私ジブリ見たことないから、わからなくてあんまり笑えなかった」
とかほざきやがるんですよ。
もうね、アホかと。バカかと。
とりあえずアニメ見なくても最低限ジブリは見とけと。
しかも女子大だろアンタたちはよ。女子なら「魔女の宅急便」ぐらいは見とけゃぁぁぁ!ナニお嬢様ぶっとるんじゃぁぁ!お前等何見て育ったんじゃぁぁ!お前それでも人間かぁぁ!お前のかーちゃんなに人だぁぁぁ!

とんでもない傲慢と偏見です。

別にいいんです。人の好みは十人十色。僕のとやかく言う問題じゃありません。

女子大でジブリ見てない人、ごめんなさい。

などと俺は何故モニタに向かって謝っとるんじゃぁぁぁ!
ばかかぁぁぁ!

バカは俺の方です。



  1. 2005/01/28(金) 02:47:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

νガンダムは伊達じゃない!テイジン

アクシズな嫌がらせ。(挨拶)

KDです。
最近のマイブームは昔のアニメの主題歌を聞くことです。
何がいいって、アツいんだ。驚く程にアツいんだ。
今のそれとは比べ物になんないデスよ。
大体今のアニメ主題歌ときたらね、女性ユニットに歌わせてみたりとか、ラブ&ピースを全面に押し出したものだったりして、ちっともアツくないですよ。何がラブ&ピースか。コンドームの名前のつもりかって話ですよ。

まぁ昔の主題歌は、アツいことはアツいんですが、歌詞としては実にアホテイスト溢れており、笑ってしまうこともしばしば。
今の所のベスト1は"ロボット刑事"の歌です。

(一番)
♪叫ぶサイレン ライトはまわる♪
♪事件だ ジョーカー 空飛ぶパトカー♪
♪鉄の髑髏は バドーのしるし♪
♪世界を悪に染めるもの♪
♪さがせ とらえろ ロボット刑事♪


まぁここまではいいんです。ただ、やっぱり「倒せ」じゃなくて「とらえろ」なのね。刑事だから。

♪ロボット その名は♪
♪K K ロボット刑事K♪


ロボット刑事、その名は刑事だからケイ。そのまんまじゃねーか!
二番になるとさらにすごい。

(二番)
♪つかめ足取り アリバイ崩せ♪
♪事件のホシは 闇夜に消えた♪


足取りを追うんです。刑事だから。
アリバイを崩すんですよ。ロボットだけど刑事だから。ダラッダー。
しかし敵はアリバイを構築するようなセコい奴のようです。もっと堂々とやれよ。悪の組織なんだからよう。

そして極めつけは三番。

(三番)
♪ゆくぞ追跡 張り込み捜査♪

張り込み捜査!地味ッ!
でも刑事だから物証がないと敵を叩けない。

というような内容です。KDはこれを最もテンションの上がっている真夜中に聞いたため、笑いが止まりませんでした。
いいですよね。アホで。



まぁいいや!どーでもいいぜ!
就職なんてくだらねえぜ!俺の歌を聞けぇぇぇッ!

「俗人21歳」
作詞:俺
曲:「鉄人28号」

ビルの町でモエー
夜のハイウェイでモエー
ダダダダ ダーン と欲が出る
ババババ バーン と破裂する
ビューン と飛んでく 俗人21歳

あるときは 幼女の味方
あるときは 熟女の手先
良いも悪いも萌え方次第
俗人 俗人 何処へ逝く
ビューン と飛んでく 俗人21歳

ビルの町でモエー
夜のハイウェイでモエー
ダダダダ ダーン と欲が出る
ババババ バーン と破裂する
ビューン と飛んでく 俗人21歳

手を握れ エロスの味方
叩き潰せ ポ○スの手先
敵に渡すな大事なペド本
俗人 俗人 早く逝け
ビューン と飛んでく 俗人21歳




  1. 2005/01/26(水) 22:05:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

逆襲のKD

BGM:逆襲のシャア メインテーマ



諸君。
諸君らは今、地球にどれ程の人類が息づいているか、知っているだろうか。
6,414,649,829人。
推計ではあるが、今や地球上の人口は64億を超えた。
今のままのペースで増加し続ければ
2050年には地球の総人口は100億人に達すると言われている。

諸君。
人類が増えることによって、我等が母なる星、地球は負担を強いられる。
人間一人が生まれることで、微弱ではあるが確実に
地球の自然システムに対する要求量が増すのだ。

すなわち、人類が増加することで地球は弱っていく。

諸君!
考えてみて欲しい!
これに対して我々は何ができる?

何もできないだろうか?

答えは否!
断じて否である!

世の中には定めがある。
もてる奴は何をやってももてる。
だが!敢えて言おう!
もてない奴は何をやってももてないと!

しかし悲観することはない。
確かに、もてないことは悲しいことだ。
そして、それを己で認めることは辛いことだ。

だが、その悲しみ、辛さを乗り越えたとき、
諸君らは先の問いへの答えを得る!

そうだ。
我々に課せられた使命は人口の爆発を抑制する事にある!

もてる奴が子供をつくり、平和な家庭を築く。
それはいい。
だが増えすぎる人口は地球を死へと誘う!

ならば我々は、母なる地球の為に生きようではないか!

もてない奴よ立て!
嫉妬の心を慈悲へと変えて、立てよもてない奴!
諸君らの力を私は欲している!
この星を守るため、諸君らの力を私に貸していただきたい!

仮初めの平和への囁きに惑わされることなく、繰り返し心に聞こえてくる
地球の安息の為に、ジーク・チェリー!






  1. 2005/01/26(水) 03:22:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロックとは何ぞや

ボンバー!(挨拶)
ぃょぅみんな!俺がKDだぁッ!

え?なんでこんな喋り方なのかって?
それはな!もうネガティブな生き方はやめることにしたんですだぜェ!

え?なんで急にネガティブな生き方から足を洗う気になったのかですって?
それはね!
さっき、過去の日記を読み返してみたんだァ!
そしたらやたらと「みんな幸せになっちまえ」だの「もうダメだ」だの「冷蔵庫にキムチがたくさん入っていて冷蔵庫を開けるたびにキムチ臭い」だのというネガティブワード連発で父ちゃん悲しくって涙出てくらァ!

悲しいのかって?
あぁ悲しいさァ!
俺は心に傷を負ったぜェ!
もう恋なんてしないぜェェェッ!
女と付き合うなんて疲れるだけだぜェ!

恋愛なんてくだらねぇぜ!俺の歌を聞けぇぇぇー!
ボンバー!

「密封!欲求!セイバスター」
作詞:俺 
歌:水着イジロウ 光ヶ丘ノブヒロ

二次が呼んでる
いつか聞いた あの萌えが
俺は弱風
誰にも 止められないぜ
YOUNG べとつく 精気放ち
号泣 幸運 切り捨てて
WOUND 彼方へ 種を飛ばす
密封! 欲求! セイバスター

愛するものよ
熱く萌える この想い
止まることない
我欲に向かい はばたいて
YOUNG 素早く 手首動き
闇に 鈍く 輝いて
WOUND 遥かに 息子よ吼え
密封! 欲求! セイバスター

忘れはしない
胸の奥の あの痛み
ロリもメイドも
現在<いま>のオレが 萌えるのさ
YOUNG 激しく エロス燃やして
今 心 無常にして
WOUND 最後の 戦いの時
密封! 欲求! セイバスター

密封! 欲求! セイバスター



こうして一人の男がフォースのダークサイドに取り込まれた…



  1. 2005/01/25(火) 03:26:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

退廃

俺は、負け犬だァァァーッァァァ!

何故だと!?

いいだろう!教えてやろう!

煙草をやめようとゴミ箱に捨てたッ!

そこまではいいッ!

が、直後ッ!

再びゴミ箱から煙草を取り出しッ!

吸ってしまったッ!

今だって吸っているッ!



パトラッシュ…僕、もうダメだよ…



  1. 2005/01/24(月) 00:17:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

傲慢

えー、本日7:00に寝まして、本日17:30に起床しました。KDです。
完璧に昼夜逆転であります。ダメです。ダメダメです。
まァ、昼夜逆転な生活を送っていようが、何か生産的な行動を起こしているのであれば、特にこれといった問題はないでしょう。
全世界を震撼させるコンピュータウイルスを開発しているとか、驚天動地の巨大ロボットを開発しているとか。
しかし僕は起きている間はただPCに向かい、ゲームしかやっておらず、生産的とは言い難い。と言うか全然生産的じゃない。
ダメだぁ。

ところで何だか最近テレビをつけると、やたらと「生命誕生の不思議」ってな感じの番組ばっかりやっているような気がします。まァ、単に僕がテレビを滅多に見ないだけの話かも知れませんが。
しかしどういうことなんでしょう。こんなに生命誕生について取り上げる番組が多いのは。
少子化対策として、"生めよ増やせよ"の精神を復興させようというメディアの陰謀でしょうか。
まぁどーでもいいんですけどね。別に。

さて、繁殖活動は他の人に任せて、僕はゲームでもやろーっと。



  1. 2005/01/23(日) 18:42:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

灰燼

今やすっかりヘビースモーカーと化している僕ですが。
ついさっき決意しました。

煙草をやめます!

…ああ、遂に言っちゃった!どうしよう…

これには理由があるんですわ。

今日も今日とて僕は煙草を吸っていました。
一本吸い終わり、さてゲームでもするかとPCに向き合ったその時です。
「うッ!?
「胸が…ドキドキする…ッ!
「これは…もしや恋…ってお約束なボケはええわい!」
とにかく何やら怪しい動悸を感じてしまったのです。
煙草を吸って動悸を感じるなんて、これが初めてです。
しかし何かヤヴァイものを感じた僕は、「おりゃー」と煙草の箱をゴミ箱に投棄したのです。
今の僕は煙草を吸わないとイライラしてしまう、すっかりニコチン中毒者なわけですが、流石に煙草が原因と思われる動悸が起こった以上、背に腹は変えられません。やめます。
如何せん僕は意思が弱いので、こうして宣言でもしないことには煙草をやめられないのです。
でもまぁとにかく、やめます。

煙草をやめ、その代わりとして酒に逃げた僕は、自室で一人、人類の愚かさについて考えていました。
すると、突如タンスの中から白い煙が上がり、その中から何と、この世の者とは思えないような絶世の美女が現れたのであった!
「おわぁ!?…な、なんだぁ!?」
驚く僕を見て、美女は優しい微笑みを浮かべた。
「…驚かせてしまったようですね」
「だッ…誰だよお前は!?」
「私は"独り者の女神"…」
「独り者の…女神…?」
「そう。私は孤独な男性を陰から見守る役を担っているのです…だから"独り者の女神"」
「……」
「……」
「…ついに俺も幻覚を見るようになっちまったか…もうダメだ…ははは……うぅ…寝よう…」
「ちょっと!寝ないで!」
「あぁハイハイ…やけにリアルな幻覚だなぁ…いよいよダメだなぁ…うぅ…」
「幻覚じゃないの!私は女神なの!アンタがあまりにも病んでるから、放って置けなくてこの下界に降りてきたの!」
「……」
「……」
「……」
「……」
「…そうか。リアルすぎる妄想は現実にも影響を及ぼすんだ…そうだ…結局はリアルだって人間の脳が創り出す幻想だ…」
(ちょっと、コイツマジでやばい…)
「…へへ。そうだ…すべてを脳内で再現できれば、それはリアルになるんだ…へへへ…へへへへー………それじゃいっただっきマース!」
「ちょ、ちょっ!?…なんでそうなるんじゃボケがぁ!」
バキッ。
「痛ッ!?な、なんだ…幻覚なのに痛い!?」
「だぁーかぁーらぁー!幻覚じゃないって何度言ったらわかるんだよこのネクラ野郎!」
「な、なにー!?げッ、幻覚じゃないとしたら何なんだよ!こんなの普通じゃねぇだろが!ゼッタイ俺の頭がおかしくなったに決まってらぁ!大体、女神サマが何で俺の家のタンスから出てくんだよ!某未来の世界の猫型ロボットのパクリかコノヤロー!アッタマテッカテーカかコノヤロー!」
「な、なんですってぇー!?神が下手に出てるからってつけあがるんじゃないわよ!」
「ケッ!自分で神とか言う奴の方が、よっぽどつけあがってるぜ!」
「ぅるっさいわよ!大体ねぇ、アンタの最近の日記、長すぎんのよ!それに『フラれましたぁ』だの『俺はもうダメだぁ』だのと下らねぇことをダラダラダラダラ書いて!読んでるこっちがウツになるでしょーが!他にすることないの!?暇だったらTOP絵でも更新したらどうなのよ!」
「る、るせー!どうせ俺は病んでるよ!それにTOP絵更新だって本当はやりたいんだ!ただ更新に使ってたツールが前のPCに入ったまんまなんだよ!だから更新したくてもできないの!」
「…そんなの言い訳ね!暇なんかいくらでもあるじゃない!CPU切替器買ったの!?買ってないでしょう?つまりアンタは、単に更新するのが面倒臭いだけなのよ!」
「なッ、んだとぉ…グギギギ…CPU切替器とか抜かしやがって…なんで女神のクセしてそんな事知ってるんだ…」
「バッカじゃないの?女神だから、よ。下界の事も知らないで女神は務まんないわよ」
「……」
「ホラ、どうしたのよ?言い返してみなさいよ?できない?ハッ、やはりアンタは負け犬だよッ!」
「…もういい。出て行け。」
「何ですって?」
「出て行けっつってんだよ!ワケのわからん出現しやがって!早く消えろ!…これは酒に酔ったせいで俺の頭がおかしくなって、変な夢を見た。そういうことにする」
「……」
「早く…出て行け!…ちきしょう。怒鳴ったせいで喉が痛ぇ…」
僕はキッチンに行ってコップに水を汲み、喉を潤した。
部屋に戻ると、女神は何故かコタツに入ってちょこんと座っていた。
「…何やってんだよ。出てけっつったろうが」
「やだ。」
「やだじゃねぇよ。てめぇ、俺が女に手を上げられないと思って…」
「出て行かないもん。出て行くところなんかないもん」
「…」
それが僕と独り者の女神様との出会いだった…。

<「ヴァーッ女神さまっ」 ~つづく~>



  1. 2005/01/23(日) 03:34:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ことばのパズル

♪もじぴったん♪
♪もじぴったん♪
♪わかっちゃいるけどもじぴったん♪
♪幼女に手を出すもじぴったん♪
♪もじぴったん♪
♪もじぴったん♪
♪逮捕はやばいぞもじぴったん♪

コンバンワ。たぶんKDです。
唐突ですが、KDはもじぴったんを一回もやったことがありません。

ゲームの内容に関しては、ある程度は理解していますし、「おもしろそうだなぁ。やってみたいなぁ。ドぉラぁえもぉぉぉん!(涙声)」と、思わずのび太君の声でドラえもんに助けを求めたくなる位の欲求はあります。そして、のび太君とドロンジョ様の声優って同じ人なんだな、と思い、いつもは高慢なドロンジョ様がのび太君のような情けない声を出すのかと思うとドキドキ。きゃ☆

位置的にはトンズラーだと思います。僕の場合。

しかし、もじぴったん。購入してまでやるのはどうか。
別に買うほどやりたくはないなぁ。
その程度なので買う予定はありません。(前振りであれだけ歌っておいて!)

とは言え、なんだか悔しいような気もするので、「勝手に俺流もじぴったん」をしてみたいと思います。

<ルール>
・色々な単語を組み合わせて、新しい単語を作る。
・作った単語には自分で解説を付ける。
・説明できなかったり、いまいちピンとくるものが作れなかった場合、負け。
・今年初めて花粉症になると、負け。
・「超気持ちいい」と3回以上言うと、負け。
・下半身丸出しで街中を駆け抜けると、勝ち。
・バイクを盗むとプラス1000ポイント。
・お巡りさんに追いかけられている間、毎分100ポイントが加算されます。
・盗んだバイクで海まで行ってしまうと、負け。
・酔って小学校に侵入すると、負け。
・酒を飲んだ後、肛門が痛くなるんだけど、これって痔かな?
・猫の尻尾の付け根あたりを指で押すと、すっごく嫌がるよ!

では早速行ってみよう!
♪義母に手を出すもじぴったん♪

「テクノ和尚」
テクノが得意な和尚。お経がテクノライク。木魚の音もなんだかテクノライク。愛読書はラジオライフ

「ドキッ!女だらけのノルマンディー上陸作戦 ~ポロリもあるよ!~」
女性兵士によるノルマンディー上陸作戦。連合国側も枢軸国側もみんな女性。色々な国籍の女性のポロリが拝める。個人的にはドイツ人女性のポロリが見てみたいなぁ。どうよ?

「オヤジ狩り狩り」
オヤジ狩りなどという超絶クソくだらねえ事をやるクソガキどもを、逆にオヤジが狩り出す。捕まった奴は無条件で殺される。かわいい顔をした奴はゲイのオヤジに捕まってケツを犯される。ざまあみろ。

「シャリシャリちゃん」
ガリガリ君の義妹。おにいちゃんみたいにじょうずにがりがりできないけど、がんばるね。だからずっといっしょにいてね。やくそくだよ…?

「マスターミラー」
スネークの昔の教官。スネークに様々なヒントを教えてくれる。正体はリキッド・スネーク。

・・・。

わたしのまけだ。



  1. 2005/01/20(木) 21:29:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無情

先程、KDにとって日課とも言えるマイ掲示板チェックをしたところ、出会い系サイトの広告のようなものが書き込まれていました。
すわ!もしやこれは孤独感に苛まれている僕への、愛の妖精ラブやんからの贈り物か!と思いましたが、だったら愛の妖精ラブやん直々に来いよコノヤロー。そして愛の妖精ラブやんとの奇妙な同棲生活が始まるのです。もちろん最終的には愛の妖精ラブやんと結ばれます。
それはさておき、何か不愉快になったので削除しておきました。

それはさておき、今日は重大な秘密を明かそうと思います。
重大な秘密。それは、巷で少年から大人まで、幅広い年齢層で人気のゲームソフト「ポケットモンスター(以下ポトモター)」に関する秘密です。
知らない人のために補足しておきますと、このポトモターとは、広大なフィールドを旅し、道端を歩いている女子校生を物色。好みの子がいたら、おもむろにチャックを開けて己のモンスターを取り出し、「ゆけ!ゼニガメ!」と叫んでその子にボディアタックをかますというゲームです。
ボディアタックをかました女子は写メなどで保存しておきます。最終目的は、奈良県某所の旅館で行われるポトモタートーナメントに出場し、数々の強豪と、誰が一番かわいい女子にボディアタックをかますことができたかを競い、トーナメントに優勝することです。
ちなみに所持できるモンスターは終始ゼニガメのみで、辛口プレイを求めるゲーマーの方にも楽しめる内容となっています。

まあそれはいいとして、このゲーム、発売当初の購買年齢層はやはり小学生くらいを狙っていたと思います。今でこそ広い年齢層に受け入れられていますが。
まずこれがミソです。
「なるべく小さい子(精神的も含む)向けのゲームである」
次に、このゲーム中に出てくる、とあるモンスターの名前に注目して頂きたい。
このゲームにおいて、各モンスターの名前は、そのモンスターのイメージや特性を示しているものでもあります。
例えば、
尻尾に火のついた蜥蜴「ヒトカゲ」<火+蜥蜴>。
電気を操る黄色い鼠「ピカチュウ」<電気→光る→「ピカ」+鼠の鳴き声「チュウ」>
草属性の蛙「フシギダネ」<不思議+種(植物だから)=「不思議だね」という言葉ともじっている>

そんな様々な名前の中で、僕が気になったもの。

それは「マタドガス」。モンスター「ドガース」の進化版です。見た目はいかにも敵っぽく、パラメータ的にもさほど強くありません。普通にゲームをプレイするだけなら、ただの"モンスターリスト補完用"的存在のモンスターです。
ですが、こいつの名前。
「マタドガス」
これはどういう経緯で名づけられたのでしょうか。
一般には「ドガース」の進化版だから「また、ドガース」という感じで「マタドガス」になったと思われがちです。
しかし本当は違うのです。そんな安直な命名法ではないのです。
それは以下のような経緯に間違いありません。
「マ(ス)タ(-)ドガス」

マスタードガス。
毒ガス。
第1次世界大戦中、ドイツ軍がベルギ-のイープル(イペルン)で初めて使用した毒ガスで、大量殺戮兵器の幕を開いた。
農薬開発の過程で誕生したといわれている。
成分は、硫化ジクロルジエチルで、常温では無色無臭の液体。硫黄の代わりに窒素を使ったものもある。
皮膚に付着すると激しい炎症を引き起こし、激しい痛みと傷跡を残す。気管に入ったら呼吸できずに死亡することもあるが致死率は低い。
糜爛(びらん)性ガスの代表。
最初に使用された地名をとって「イペリット」ともいう。
当初は有機溶媒に溶かしてボンベからガス状にして噴霧されたが、後には砲弾の内部に詰めて発射した。ベルギーなどの使用地域では、現在でもその回収作業が進められている。
マスタードガスと呼ばれるのは、生成過程で不純物が混ざったものにからしの様な臭いのするものがあったため。
生成、管理、輸送、使用に手間がかからないため、世界中で生産され、多くの戦争で使用されたが、基本的に禁止されてるため、その使用実体は不明なものが多い。
サリン被害防止法の対象物質。


http://www.netlaputa.ne.jp/~kitsch/taisho/jikoh/musgas.htmより。改変なし。

つまりはそういうことだったのです!
「マタドガス」とは、かのドイツが使用した毒ガス兵器「マスタードガス」から由来していたのです!
マタドガスというモンスター自体、確かに毒ガスライクな風貌、特性を持っています。
つまりはそういうことだったのです!

子供向けゲーム、ポトモターに登場するモンスターの名前が、第一次世界大戦で使用された化学兵器に由来しているとは、なんたらメーソンもビックリの大陰謀です。
これはきっと、勝つためならば平気で化学兵器などの非人道的な手段を使用する人類の愚かさを、来るべき次世代の子供たちに伝えようとした製作者サイドの想いなのではないでしょうか。

そんなわけないでしょう。おバカな子。



  1. 2005/01/19(水) 17:35:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

孤独。そして虚無感

やあ。僕です。KDです。
ちょっとイヤな話をします。
イヤな気分になりたくない人は読まないでね。
お願いです。



彼女にふられてからというもの僕は酒と煙草とG行為に逃げるばかりで何一つ生産的なことをしていないように思えます。
心に浮かんでくることは寂しさだけです。
「そんなこと言うなよ」
「若いんだからこれからだよ」
ありがとう。嬉しい言葉です。
でもそういう言葉を投げかけてくれる人に限って彼女アリ非童貞だったりするわけで。
僕にとって非童貞は別の世界の人です。
彼女アリも別次元の人です。
だから君たちの言葉は僕には…ありがたいのですが、どこかガラス越しの言葉のように聞こえます。
もともと僕はそれほど精神的に強い人ではなかったようです。今になってそれがわかります。
悲しくて寂しくて、死んだ方がいっそ楽かなあ、と思います。
しかし「生きていればいつかいいことがある」というか細い糸を伝って生にしがみついているだけです。
観測もできない希望的な考えにしがみついて、生に固執しているだけです。
ネチネチネチネチ過去の思い出にとらわれて生きているだけです。
情けない。ほんとに情けない。
「がんばれ」という言葉をくれる人。ありがとう。
「まだ大丈夫だよ」という言葉をくれる人。ありがとう。
ありがとう。
優しい人々にありがとう。
厳しい人々にもありがとうを言いたい。
みんな大変なんです。それはわかっています。みんな人それぞれ大変な人生を送っていることでしょう。
どうして大変なのか。それは僕にはわかりませんが、大変な毎日を送っていることはわかります。
それに対してどう立ち向かうか。みなさんそれぞれの考えがあることでしょうね。
でも僕はそんなみなさんに「がんばれ!」と言いたい。
僕の「がんばれ!」という言葉など、言葉だけのものに過ぎないでしょう。僕が「がんばれ!」と言ったところでみなさんの何の糧になるでしょうか。
でも僕には「がんばれ」という言葉を贈りたい。
絶望の淵にある僕からの言葉です。
絶望の淵…それは僕自身が決めたことであり、他人から見れば、
「何が絶望だよ、お前なんかより俺の方がよっぽど絶望だ」
「甘えるんじゃねえ!」
などという気持ちでありましょう。
でも絶望という言葉が、他人から定義されるものでないことは確かなことです。
"望み"は他人から定義できるものではありません。
望みとは自分自身の願いです。
今の僕の望みは、少なくとも僕を除いた他の人々が、幸せになってくれることだけです…
僕の望み…祈り程度で他人が幸せになるのなら、どんなに良い事でしょうか。残念ながら僕に力はない。望むだけで他人を幸せにできる力は無いです。
それでも他人が幸せになってくれればいいと思うのです。
気持ち悪い。
気持ち悪いですね。
どうして僕なんぞにそんなことを言う権利があるのか。
僕はみんなの幸せを握る存在でもないのに。
でも、一人の人間として、他人の幸せを願う僕がいてもいいだろうがよ!クソどもが!
俺は他人が幸せになってくれりゃそれでいいんだよ!
俺が悲しい目にあったって?知るか!それで他人が幸せならいいよ!知ったことじゃねぇよ!クソが!バカが!
俺は搾取される側で結構だよ!
幸福が各個人に与えられる固有のパラメータだと言うのなら、俺からそれを奪えばいい!
俺は幸せゼロだってかまわねえよ!クソ野郎!
みんなが幸せになればそれでいいよ!
俺が知り合った全ての人が幸せだと感じられるようになればそれで満足だ!バカが!クソ!
何だってんだ!
もうわかったよ。
俺から何もかも奪うがいい!
知ったことかよ!畜生が!クソ野郎が!
俺はどうせくだらねえ人間だよ!

みんな幸せになれ!
みんな幸せになれ!
おれ以外のみんなが
俺と知り合ったみんなが
幸せになれ!

畜生!
幸せになれ!

そうじゃないとオレは生きてる価値が見出せない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





  1. 2005/01/18(火) 02:50:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

堕落

今日。眠りについたのは6:00。
そして目が覚めたのは18:00。
なんと12時間眠り続けてしまいました。
学校?あぁ、忘れてた。
起きて食べたものはカップラーメン。
もう堕ちるとこまで堕ちたなって感じです。
これ以上、下はあるのだろうか。

寝すぎたせいで今日の僕は夢の住人です。

家の近くの山に洞窟ができていた。
大学からの依頼で、単身洞窟内の地質調査をすることに。
小瓶を持って洞窟に潜り、壁の土を採取して小瓶に入れる。
楽勝楽勝。
と思っていたらドラキーに囲まれた。

FOXHOUND部隊に配属された俺は、単身銭湯に乗り込む。何故銭湯か。それは機密事項だ。
「今日から君をフィッシュと呼ぶ。この作戦に失敗は許されない。
「では作戦内容を伝える。君の装備はD装備。つまり水中用だ。敵に見つからないよう水中を進み、女湯に潜入してくれ。」
そして難なく女湯に潜入した俺。するとそこには女子が!
命令を忘れて女子に接近する俺。
「バカモノ!何をやっているんだ!」
捕まえた!
ウッシッシッシ…
するとその女子が泣き始めた。
泣いたって許してやらねェェよォォォ!
次の瞬間、俺はその女子の脚でがっちりと身体を挟まれてしまった。もがいてももがいても、女子は離してくれない。すごい力だ。
と、みるみる内にその女子の顔が変わっていく。
その顔は、無機質極まりないもので、真っ先に見たものに不気味さ、いや、恐怖を呼び起こさせるものだった。
殺される!
俺は渾身の力で女子を振りほどき、逃げた。
長い廊下のようなところを走っていくと、大学の女の先輩がいた。俺はその女の先輩の後ろに隠れた。
先輩は言う。
「"キャスコ花博"ね…」どうやらそれがこのバケモノの名前らしい。良く見ると、確かに"花博"の名の如く、植物のような姿をしている。
と、先輩は、気を練って両手に炎を作り出した!
キャスコ花博VS先輩!
火炎を組み合わせた体術で花博を圧倒する先輩。強い。強すぎる!
火炎パンチ!文字通り、先輩の拳が火を噴く。
間髪入れず、先輩は手を組み、そしてその手を再び一杯に広げる。広げた右手と左手の間に、炎が橋をかけた。その炎の橋は、まるで刀のように見える。
その炎の刀を掴み、剣光一閃!
花博の身体に炎の切り傷を生む!
そしてトドメだ!
先輩は火炎をロープ状に変化させ、花博の首に巻きつけた!
「…これでおしまい!」
先輩が指をパチンと鳴らすと、巻きつけた炎のロープが爆発し、キャスコ花博は燃え尽きた。
だが、これで終わりではなかった。
「自分の頭を見て」
先輩に言われる通り、俺は自分の頭を見た。するとそこには小さな木が生えているではないか!俺は人間植木鉢になってしまった。これが植物怪人・キャスコ花博の恐ろしさなのか…。

就職のための面接練習が行われることになった。森で
委員会の仲間はみんな受けるらしい。
俺はとっとと帰ろうと思い、森から抜ける道を歩き出した。
するとみんなが俺を必死で引きとめようとする。中には飛び掛ってくるやつまで。
俺も必死で帰った。貴様らに俺の帰宅の邪魔はさせん!



  1. 2005/01/17(月) 19:54:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボインがひとつ。

酔った勢いで書いてます。
女性諸君は読まぬほうがよろしい。嫌な気分になっても知らないよ。てか女性が俺のページなんて読んでるわけないか!グハハハハ!死ぬがいい!

ボインがひとつ
ボインがふたつ
大きいボインもうひとつ
風に揺れるカッパ
(マントだろ)
おっと日傘を忘れちゃなんねえ
(ヤツの腹は真っ黒さ。ヤツの腹は真っ黒さ!)
ウインチェスター持たせたらあっと言う間に砂ぼうず
今日も走る(走る)
砂漠の中に
明日も駆ける(駆ける)
(ボインちゃんをゲットするまで!)
(ボインちゃんをゲットするまで!!)
(ボインちゃんをゲットするまで!!!)
命を賭けて突っ走る 突っ走る

俺はシータちゃんさえゲットできれば言うことないぜ
サブマシンガン持たせたら あっという間にKDだッ!
俺の股間が火を噴くぜ
財布はすでに火を噴いてる

(語り)
「失ったものは大きいものね。心を失ったヤツに用はないッ!」

お父さんお母さんごめんなさい!
俺は強く生きます 逝って参ります!

the story a devil the razgriz
he dead then reborn at hero!

虫の人生はこれにて終了!

かわいそう
かわいそう
アナタはなんてかわいそう
誰もアナタをわかってくれない
私もアナタをわかってあげられない
残念だけれど
残念です

もっと前向きに生きましょうか
そうですね それがいい それがきっと きっといい
イヤなこともあるけれど
ジメジメジメジメ湿って腐ってキノコになるよりずっといい
だったらもっと前向きに
もっと前向きに生きましょう

かわいそう
かわいそう
アナタはとてもかわいそう
誰から見てもかわいそう
私から見てもかわいそう
辛そうだけれど
がんばって

いい言葉が見つからないけど
がんばって がんばれ 負けちゃダメよ くじけるな!
生きてりゃきっといいことあるさ
安くて陳腐でありきたり ありがたみのない台詞だね
でもこんなのしか思いつかない
生きてりゃそのうちいいことあるよ

いいことなくても落ち込むな!
いいことなくても落ち込むな!
落ち込んだっていいけど落ち込むな!
必ずもいちど這い上がれ!

がんばって!がんばれ!負けちゃダメよ!くじけるな!もう少しよ!がんばって!

「つらいでしょう?」
「つらいよなあ。きっとお前はつらいんだよなあ。」
「全部はわかってあげられないけど、今がつらいときなのよ。」

がんばれがんばれ言われると
ウソに聞こえるときもある
実際ウソのときもある
だがしかし!今の私はウソじゃない!
だがしかし!今の俺はウソじゃない!
何回だって言ってやる!
がんばって!がんばれ!大丈夫よ!お前はできるヤツなんだ!
自分じゃそうは思ってないか!? 自分じゃそうかも知れないけれど、アナタは立ち上がれる人なのよ!
お前は!キミは!貴様は!あなたは!
もっと強いヤツな(の)んだよ!

がんばれ!がんばってー!くじけちゃダメよ!立てー!
ウソに聞こえるか?
ウソに聞こえるか?
適当に言ってるように聞こえるか?
そんなわけがないだろう!

がんばれぇ!

黙れクソガキ!
クソガキがぁ!

酔った勢いで日記にこんなこと書くのってどう思う?ねぇ?
「こいつイタイ奴だなー」
そうかい。言いたいことはそれだけか!

the story a devil the razgriz
he dead then reborn at hero!

酒がたりねぇ!
もっと酒を!酒を!
一心不乱の大戦争を!



  1. 2005/01/16(日) 19:26:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

見ろォ!人がゴミのよォぅだァァァアアアッ!

シータはかわいい。

突然何を言い出すかと思えばそれですか。

いえいえシータはかわいいんです。
どのシータだって?君のアホ面には心底うんざりさせられる。
リュシータ=トエル=ウル=ラピュタの事ですよッ!
トエルは真。ウルは王。すなわちあの娘はラピュタの正式な王位継承者なのだァァァ!
君の一族はそんな事も忘れてしまったのかね?実は私も古い秘密の名前を持っているんだよ。私の名はロムスカ=パロ=ウル=ラピュタァァァ!
君の一族と私の一族は元々ひとつの王家だったのだッ!地上に降りたとき二つに分かれたがねェェェ!?そんな事も忘れてしまったのかね?そんな事も!?そんな大事な事も忘れてしまったのかねェェェ!?リュシータァァァ!

ちょっとエキサイトし過ぎましたね。

シータはかわいいんです。いえ、かわいいだけじゃないんだ。気も強いんです。だって考えてもみなさいよ。

<要塞にて>
「私なんにも知らないんです…パズーに会わせて…」
「パズーお願いがあるの。ラピュタの事、忘れて…」

泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。

<ラピュタ・玉座の間にて>
「ここが玉座ですって!?ここはお墓よ。あなたと私の!」
「国が滅びたのに、王だけ生きてるなんて滑稽だわ…あなたに石は渡さない!…あなたはここから出ることも出来ずに、私と死ぬんだよォォォ!!

なんて娘だ!そんじょそこらの女子が銃突きつけられていながらこんな見事なタンカを切れますか!?

そして私はおさげに弱い。何か知らんがおさげに弱い。三度の飯よりおさげに弱い。

ニギャァァァッ!パーフェクツ!完璧だよ!なッ…なんだァ!?なんなんだ君は!?俺を殺すために生まれてきたとで言うのか!?

もうこうなったらラピュタを探しに行くしかありません。それがシータと出会うためのフラグ。何の因果か、俺の父親は俺が中学の時に亡くなっています。ラピュタを見つけ、サギ氏扱いされた結果ではありませんが。とにかく父さんがくれた熱い想いは持ってます!
次は鉱山で働かねばなりません。早速ググったところ、出ました。
http://www.ne.jp/asahi/mining/japan/
…ほとんど閉山されとるやんけェェェッ!
仕方ないので別のフラグ条件として、"ハトを飼う"というものがあります。もう一つは"トランペット"。トランペットは何とかなるとして、ハトは飼えなさそう。だって俺アパート暮らしだから。

ダメだァ!ダメダメだァ!

いや待て。まだ諦めるな!諦めるな俺!
そうですよ…まだ手はあったじゃありませんか。
あの人を忘れちゃいませんか。
そう、その人の名は…
ロムスカ=パロ=ウル=ラピュタ!
こっちのルートを通ろう!
そのためにはまず軍属となり、さらに大佐まで登りつめればいいのです。まァ!出会いがあるまで鉱山で働くより、よっぽど前向き!だって自分からラピュタとかシータとか飛行石探しちゃうんだもんね!
日本で軍的な存在と言えば、自衛隊でしょう。つまり自衛隊に入隊し、三佐(位置的には大佐)になって、「これから私はラピュタを探すための作戦を開始する!」とさえ言えばいいのです!

…ダメだァ。そんな奴。ただの危ない奴だァ。

八方塞がり。四面楚歌。手も足も出ない。

う~ん。

はッ!?

無いのなら、造ればいい…

造ってしまえばいい!ラピュタを!
まずは飛行石の研究だ!飛行石は、物理的に考えれば重力場を制御する物質。つまり反重力物質の結晶と言える。それを造ることは絶対不可能ではない!
よし!まず反重力物質"飛行石"の研究開発に約150年。
それからデーッカイ島を改造して"天の火"と飛行石を搭載するのに約50年。
後は島を浮かして、ラピュタの出来上がり!これには1年もかからないでしょう。
そしてメインルートのパズールートを通るとして、約12年(パズーは12~13歳という設定らしい)
これで後はシータが空から降ってくるのを待つだけ!

ざっと200年!

あ!いけね!ロボット兵も量産しなきゃ!+50年ってとこかな。

250年!

死ぬ!

仮に生きてたとしてその時点で既に化け物!シータがなびくわけがない!

だったらもう脳味噌を半永久的生命維持装置ブレインバイザーか何かに入れて永遠の命を!そして大破壊を起こして人類を破滅させてやる!うごォォォォォォッ!

おしまい。



  1. 2005/01/15(土) 18:24:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

chapter:001 do or die

●円罰ゲェム

カイゼリンブログナマードライフル(お菓子付き)!
↑俺の考えた挨拶。

この「俺の考えた挨拶」システムというものを一番初めにやりだしたのは誰でしょうか。

それは平野耕太氏であると思われます。
平野耕太氏って誰?詳細キボンヌとか言っているやつはキボンヌとかいまだに言っていることをあの世で深く悔いるがいい。ググれ!

でも僕が初めてこの「俺挨拶」システムに気づいたのはとある方のホームページです。そこでは、ええと、なんだったかなあ…とにかく「○×■@%&」という言葉の後に(俺の考えた挨拶)という単語が書かれていたのです。

なるほどと思いました。衝撃でした。

俺の考えた挨拶、ならば、別に文句はないわけです。
そもそも、朝の挨拶が「おはよう」、昼のあいさつが「こんにちは」だということは誰が決めたのでしょう?父と子と精霊の御名において決められたのでしょうか?アーメン。

とにかく曖昧であることは確かです。ならば自分で考えた挨拶があっても良いではないか。

それに気づいた僕は、このシステムをパクることにしたわけです。さすがに最初は少し抵抗がありました。"パクり"は芸人にとってあまり賞賛されるべきものではないからです。

しかし、面白いものを取り入れることは誰だってやってるじゃないか!そもそも人類の技術の発展に伴う歴史は、ほぼ他人の技術をパクって応用した上に成り立っているのではないか!だから僕はここにいてもいいんだ!みんなみんな生きているんだ!友達なんだ!
と自分で勝手に合理化して己を納得させた上で、「俺挨拶」システムを使用したのです。

それは、以前僕が所属していた委員会機関誌のコラム上でした。当時巷を賑わせていた「オレオレ詐欺」という単語を冒頭に書き、その後に(俺の考えた挨拶)という単語を組み合わせたのです。つまり、

オレオレ詐欺。(KDの考えた挨拶)

という形になりました。

その後、そのコラムを読んだ先輩から、「いやーこの前のKD君のコラム面白かったよー。まず挨拶の文で笑っちゃったよー。オレオレ詐欺!」と言われました。

良かった。ウケたんだ。

「パクりじゃねーか!」という抗議の言葉もなく、安心した僕は、調子に乗り、それからというもの「俺挨拶」システムを幾度となく使用しました。

ある日、平野耕太氏の著書、「ヘルシング」のあとがきを読んだ僕は、再び衝撃を受けました。そこには「お父ちゃんは俺の大好きな金のタマを二つ持っちょる~(俺の考えた挨拶)」という一文があったのです。
これは!「俺挨拶」システムが使われているではないか!

そこで僕はわかったのです。
そう言えば、僕が初めて「俺挨拶」システムに出会った某サイトの管理人は、「ヘルシング」が好きだと言っていた。つまり、ヘルシング巻中に出てきた「俺挨拶」システムを面白いと思ってパクったんだ!と。

なんだ、パクりのパクりだ。俺。

それからは、思い出した時くらいしか「俺挨拶」システムを使用しないようになりました。

しかしまたある日のこと、忌々しき事態が発生しました。僕の某後輩がこのシステムをパクり出したのです。なんということでしょうか。パクりのパクりである僕をさらにパクった人間が現れたのです。

ミイラ取りがミイラになり、そのミイラ(元・ミイラ取り)を取りに行ったミイラ取り(俺)がミイラになり、そのミイラ(元・俺)を取りにいったミイラ取りがまたまたミイラになってしまったのです。
現場には3体のミイラが残されていました。警察では自殺と他殺の両面から捜査を開始しています。しかし捜査のため現場に立ち入った捜査員もミイラになりました。これは普通の状況ではないと判断した当局は軍の科学防護部隊に応援を要請。が、その対処もむなしく軍の科学防護部隊もミイラになりました。この危機に政府は臨時閣議を開き、様々な対処策がそこで話し合われることとなりました。閣議中、周囲の人間が次々とミイラになっていく中、首相は決断しました。「軍による、大型気化爆弾を使用した滅菌作戦を実行に移す」と。この発言の後、首相はミイラになりました。そして作戦が実行されました。気化爆弾を搭載した巨大爆撃機J-23「天雷」が基地を飛び立ち、全ての発端となった場所に大型気化爆弾を投下しました。巨大な爆煙が上がり、そして全ては終わったかのように見えました。ところが、収束に向かうかに見えていた状況は一変しました。作戦を終えて帰還した爆撃機の乗組員5名が全員白骨化していたのです。ミイラ化ではなかったのです。新たなる危機を感じとった新首相は、即座に世界各国に救援を求めました。直後、新首相は白骨化しました。そして爆撃機にも異変が発生しました。なんと大勢の人間の目の前で白骨化したのです。それを見ていた軍関係者もみな白骨化してしまいました。そして白骨化してしまいました。白骨化してしまいました。たまにミイラも混じっていました。8:2の割合でミイラでした。でもほとんどが白骨化でした。骨、ミイラ、骨、骨という感じでした。骨、ミイラ、骨、骨、ミイラ、ほね、ほね、ほね…
ここにあるほねが何のほねかわかりますか?それは…
わたしのほね。あなたのほね。ほね。ほね。ほね。



  1. 2005/01/14(金) 20:02:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハードボイルド

ハードボイルドな生き方がしてみたいなー。
どんな生き方ってそりゃ酒と煙草と女ですよ。あとスリル。
それはもうキューバ危機よりもホットな人生のことですよ。
全校集会の時に校長が「この中にスパイがいる!」って叫ぶとか。
街中をダンボール被って疾走したりとか。
突然しゃがみ込んで「こちらスネーク」って言ってみたりとか。街中の犬のドッグタグ回収したりとか。
女子校生の背後に音も無く近づいて「動くな」って言ってみたりとか。それはまずい。

まあ酒と煙草は手元にあるので問題ナシだ。女はとりあえず今は無理。
じゃあまあハードとは言わないまでも半熟ボイルド程度の生き方を。そう思ってウイスキーをあおりつつロックストックアンドトゥースモーキングバレルズを見た。もちろん煙草もスパスパ吸っちゃう。しかし何も起こらなかった。

人生って悲しいね。

とりあえず今日はネカフェ行ってビリヤードやりました。いいねビリヤード!ハードボイルド!もちろん煙草は必須ですよ。でも4人と対戦して1回も勝てませんでした。ダサッ。俺ダサッ。

しかしネカフェとか漫喫とかってまさに"時間と空間"を売っているところですよね。金払ってくつろぎの時間と空間を買う。今や"時間と空間"すらも商売の道具になりました。人間の知恵に乾杯。

というわけでほぼ徹夜で遊んでいたため眠いので寝ます。テストはどうする、俺。



  1. 2005/01/13(木) 23:23:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんかね、もう。

叫びたい気分なんですよ。
皆さんはそういう気分になったことおありかしら?
とにかく今の俺は叫びたい。声を大にして叫びたいですよ。世界の中心?ンなの知ったことか。もう何処でだって構わない。少なくとも「うるせー!」と他の人に言われるような場所でなければ。

しょうがないのでここで叫びます。

なんか就職調査書とかいうのを書かねばならんらしいです。んで自己PRをしなきゃいけないわけ。自己PRってんだから自分のイイトコロを集めて書けばいいんだよね。でもそれは俺の苦手とするスポーツの一つで。スポーツじゃない?いやいや、スポーツですよ。自分のイイトコロを述べるわけですよ。そんなのスポーツですわ。
俺は運動オンチなのでスポーツは苦手です。いやスポーツ以前に自分を良く見せようなんて最も苦手です。苦手というか、嫌い。自分を良く見せようなんてのはアホのすることです。
俺にイイトコロなんてねえよ。それを書けってか。ウソ書けって?ウソは苦手だなあ。

て言うかなんか最近絵を描いていません。未だにトップ絵はおっかない兄ちゃんのままです。新年明けてんだから明けましておめでとう絵でも描けばいいのに。もういっそのこと日記サイトにしてしまおうかしら。どうかしら?

悩みは尽きませんねえ。こんな時は酒に逃げてしまおうかと考えてしまいます。でも寒いから外に酒買いに行くのもヤだなあ。

ね?イイトコロないでしょ?

キル・ビル見ました。こいつはバカ映画だな。どうせなら全編アニメで通しちゃえば良かったのに。頭がクラクラすらあ。ゴーゴー夕張とあんなこといいなこんなことできたらいいなーとか救いようの無い考えが脳裏を過ぎったり。

それと夢を見ました。幼稚園の頃、俺のことを「すき!」って言ってくれた女の子が出てきました。すっかり大人になっちゃって。煙草をふかしていたので、「女の子が煙草吸うのはいかんよーお腹の子供に良くないよー」と注意しました。すると「キミも吸う?」と言われました。「何吸ってんの?」と煙草の小箱を手に取ると、「味噌味」と書いてありました。味噌味の煙草か。それなら安心ね。でも俺は絶対吸わねえそんなもんは。彼女は「醤油味もあるんだけど、私は嫌い」と言いました。全くキミには同感だよ。


私は 私は
私は共感能力が高く 他人の気持ちを第一に考える事が出来ます
和を以て尊しと成せ
己の欲せざる所は人に施すことなかれ
世界人類が平和でありますように

私は 私は
私は誠実で 曲がった事が許せません
悪事を働く者が許せません
「私利私欲の為なら他人を犠牲にしたって構わない」
お前 死ねばいいのになあ
「他人の迷惑?知らないね。俺が気持ち良ければそれで良い」
こいつ 死なねえかなあ
「あ 母さん オレだよオレ わかるだろ?
実は友達が事故っちゃってさあ…」
お前が事故れ。
今すぐ事故れ!

あー世界人類が平和でありますように!平和でありますように!
「今すぐ指定の口座に金を振り込まないと
しかるべき裁判の後 法律により罰せられます」
だがお前は別だ!

私は共感能力が高く
私は誠実で
私は他人の気持ちを第一に考える事ができます
私は曲がった事が許せません

でも私は残念ながら…

人間です!人間なんです!

「他人の迷惑?知らないね。俺が気持ち良ければそれでいい。
それでいいんだ。それで いいのだー!」
こいつ 死なねえかなあ!
という事は 俺も死なないとなあ!

いや死にませんけどね。



  1. 2005/01/12(水) 21:44:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自堕落

今日は二日酔いのせいで一日寝てばかり。おかげで大学もサボってしまうし、ロクなもんじゃありません。飲みすぎた俺が悪いのだけれど。

そんなことより、NASAの調査によると、インド洋大地震の影響で地球の直径が小さくなってしまったらしいです。そのせいで一日が短くなったとか。
「一日が長くなればいいのに」という言葉はよく聞かれますが、短くなるとはまったくビックリですよ。

でも短くなったのは何万分の2.46秒とかなので、大した影響はないですね。
2.46秒じゃないですよ。何万分の2.46秒て。ちっとも変わってないのと一緒じゃないか。

まあ一日は24時間のままということですよね。



  1. 2005/01/11(火) 22:36:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Beautiful Dreamer

ふと深い眠りから覚めた。
カーテンの隙間から光が漏れている。時計を見る。
2005年1月7日 9:20
もう朝だ。そろそろ起きようか…頭ではそう考えているのだが、身体が言うことを聞かない。夜更かしが過ぎたらしい。私は再び布団に身体を横たえた。
束の間の眠りから覚め、再び時計を見る。
2005年1月7日 9:25
自分では1時間以上は眠ったつもりだが、たった5分の浅い眠りだった。
(もうこれは起きるしかないな)
私はそう思った。
が、次の瞬間、私は異変に気付いた。
先程、カーテンの隙間から漏れていた光が消えている。
辺りに広がるは夜の静けさ。一度起きた時に聞こえていた鳥のさえずりも絶えている。
おかしい。
(夢でも見ていたのか?それとも時計が壊れているのか?)
もう一度時計を見た。
すると、時計のデジタル表示がクルクルと点滅し始めた。
が、これは別に私の驚く所ではなかった。私の使っているこの時計は、所謂"電波時計"というもので、電波を受信して常に正確な時間を表示するようになっている。このデジタル表示が点滅する現象は、時計が自動で時刻を合わせる時に起こるものだということを、私は知っていた。やはり原因は時計の故障だった。5秒足らずで正確な時間が表示されるはずだ。
しかし、いつまで経っても表示の点滅は収まらない。それどころか、カーテンの隙間から漏れる光すらも、まるで一日を早送りしているかのように明るくなったり、暗くなったりを繰り返している。
…頭がクラクラしてきた。これは一体…

ふと我に返ると、私は見知らぬ部屋にいた。
いや、違う…私はこの場所を知っている。そこは以前行ったことのある"ぬるぱん"の部屋だった。
(どういう事なんだ?一体何が起きている?)
混乱したまま、辺りを見回す。すると、壁に掛けられたカレンダーが目に入った。
次の瞬間、私は目を疑った。
2017年1月
そのカレンダーは、12年後のものだった。
部屋のドアが開く。現れたのは、スーツ姿のぬるぱんだった。
「お前…?」
自然と私の口をついて出た言葉は、それだった。ぬるぱんは驚く様子もなく、言った。
「そろそろ出勤の時間なんだけど…」
「…出勤?」
「会社行かないと。女房がうるさいから」
「に、女房って…お前、結婚したのか!?」
「したよ。子供も二人。…しかしびっくりしたよ。急に現れるもんだから…KDでしょ?若い頃の。」
「え…お…驚かないのか?」
「別に」
ぬるぱんはあっさりそう言った。確かに…目の前に居るのは、私の知っているぬるぱんだったが、私の居た時間より、12年の月日が流れた後のぬるぱんだった。
「まぁいいか。今日は会社休む。こんなこと普通じゃないからね」
ぬるぱんはそう言ってスーツの上着を脱いだ。
沈黙。
先に口を開いたのは、私だった。
「12年後…12年後のみんなは、どうなった?」
ぬるぱんは少し笑って、
「太ったね。て言うか身体がでかくなったのかな」
「…俺は?」
「KDは特に太ったね。それに、"口だけ"だってのが良くわかった。今は何か投資とかの分野に手を出してるらしいけど」
ぬるぱんのその言葉に、私は黙ってしまった。投資…今の私の抱いている夢と違う。つまり、私の夢は叶わなかったのだ。12年後の私は、若い頃―――つまり今だ―――にさんざん公言していた将来の夢を叶えられず、全く予想もしていなかった道を歩んでいるというわけだ。"口だけ"それはそういう意味なのだろう。
再び沈黙が流れる。
「…じゃあ、頑張って夢を叶えなきゃな。口だけで終わらせたくない。未来を変えないとな…」
その言葉は無意識の産物だった。
「…だね。方法はわからないけど、きっとうまく行くよ」
「ああ…」
三度目の、沈黙。
「…気分転換にドライブでも行こう」
ぬるぱんのその言葉に、私は頷いた。

「ここは?」
気分転換のドライブ。その果てに着いたのは、何処かの立体駐車場だった。
「ゲーセン。だけじゃなくて、ファミレスとかもあるよ。気晴らしにいいかと思って」
これはぬるぱんの心遣いなのだろう。とりあえず今の私に必要なのは、気持ちを整理して、"どうやって元居た時間に戻るか"を考えることだ。
私とぬるぱんは車を降りた。
すると、一人の女性が私達に近付いてきた。その仕草からして、彼女は私達を誘っている。どうやら娼婦らしい。
「…ほっといて行こう。最近こういうのがすごい増えた」
ぬるぱんの言葉から察するに、12年後の日本は今よりも治安が乱れているようだ。
ぬるぱんはそのまま駐車場の奥へと歩いていった。
しかし、あろうことか、私はその女性の誘いに乗ってしまった。
女性は私を振り返りつつ、駐車場の奥へ(ぬるぱんの歩いていった方とは逆の方へ)と走っていく。私は半ば放心状態のまま、その女性の後を追った。

そこは居酒屋だった。店内はたくさんの客で賑わっている。例えるならば「和民」とか「白木屋」のような感じだ。
女性は私を席へと案内し、酒を運んできた。
だが。
(何かおかしい)
私の直感がそう告げている。何かが、何かがおかしい。
私は席を立った。やはりぬるぱんと一緒に行った方が良かった。今から戻って、合流しよう。そう思い、ドアへと歩き出した。
その時だった。
私をここまで誘い込んだ女性…酒を運んできた女性…彼女が、みるみる内に化け物へと姿を変えたのだ!
化け物…!いや、これは…死体だ!ゾンビだ!
辺りを見渡すと、店内にいた客も全てゾンビに変わっていた。
声にならない雄叫び、鼻をつく腐臭…もしこの世に地獄というものがあるのなら、間違いなく、この店内は地獄だった。
(やばい!何かわからんがとにかくやばい!)
私は脇目も振らずに、ドアへと走り出した。
後ろからはゾンビと化した先程の女性が、人間とは思えない動きで追ってくる!
(出来の悪い映画でも見てる気分だ…!)
私がドアノブに手をかけたのと、女性が私の肩に手を掛けたのはほぼ同時だった。
物凄い力で身体が後ろへと引っ張られる。
私は近くにあった観葉植物の鉢植えをゾンビ女にぶつけ、彼女がひるんだ隙にドアを開けた。
ドアの向こうは暗闇。私は無我夢中でその中へと身を躍らせた…。

気付くと、私は小さな部屋に居た。
この場所も…私の記憶の中にある場所だ。故郷の町にあるカラオケボックスの待合い所だ。古ぼけたUFOキャッチャーと、数台のアーケードゲームの筐体が並んでいる。それらは楽しげな音を奏でながら、緑、黄、赤と点滅を繰り返していた。
私は安堵した。助かったのだ。少なくとも、未来でゾンビの餌食にならずに済んだ。
これで元の時間に戻っていれば、言うことはない。戻る"場所"は異なってしまったが、それでもここは知っている場所だ。先程までの状況と比べたら、どうにでもなる。
ほっと一息をついた私の目に、またしても一枚のカレンダーが映った。
1999年1月
…。
戻り過ぎだっつーの。



そんな夢を見ました。



  1. 2005/01/08(土) 01:04:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新年の抱負

前回はあけましておめでとうがどうとか抜かしており意味不明で大変申し訳なかった。

というわけで新年の抱負です。

「新年の抱負を持たない」

これが今年のボクの新年の抱負です。

ところで今日になって初めてポストの中身を確認したんですが、ナント3通もの年賀状が来ておりビックリ。こんな俺に年賀状を贈ってくださるなんてどうもありがとうございます。
早速、お返しの年賀状を贈ろうと思いましたが、郵便局が既に年賀状を扱っておりませなんだ。しかももう5日ですし、正月気分でいられるのは3日までとなっているようなので断念。

そこでサイトのTOP絵を年賀絵にしてしまおうと考えました。

が。

ペイントソフトがどっかにいってしまい、絵を描くことができません。というわけで年賀絵はもう少し待って頂きたい。などと何故か偉そうな態度をとっている俺が居る。

言い訳ですか。言い訳です。ええ。はっはっは。ウワーハハハハ!



  1. 2005/01/05(水) 21:14:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恥じらいの帰還

恥ずかしながら帰って参りましたコノヤロォォォ!

ということで。

あけましておめでとうございます。

新年早々涙そうそう、ここで一つ考えてみましょう。
「あけましておめでとうございます」
という言葉。新年を祝う言葉として誰もが口にするであろう言葉です。

何か変化がなくてつまんねー。

みんな、新年は「あけましておめでとう」と言いますね。これはずっとずっと昔から、ボクらが父さんのキ○○○の中に居た頃から、いやボクらの父さんがお爺ちゃんの○ン○○の中に居た頃から、いやいやもっとずっとずっと昔から言われてきた言葉です。
その頃から変化がありません。
近年「あけおめことよろ」などという、短縮化が見られますが。
ふざけるんじゃねねぇえぇ!あけおめことよろってナニ?意味わかんねぇですよ!どこで区切るんですか!変なところで区切ったらウワー!危ない危ない。下手したら放送禁止用語化ですよ!
けしからんことですよね。
そこでみんなで「あけましておめでとう」に代わる新年の挨拶を考えてみよう!
とりあえず現候補は(カッコ内は考案者)

「あふぇまふぇぇおめふぇヴァー!」(俺)

っぴき! っぴきの! しらかわ! ローレル」(実家の友人A)

「外に向かってケツを出す」(実家の友人O)

の三本でーす。ジャン・ケン・ポン!ウフフフフフ!
いい案が出ない場合この内のどれかになります。全国民が来年から決まった単語を言うことになるかも知れない。知れないんだよ!な、なんだってー!?

ではみなさん、よいお年寄りを。



  1. 2005/01/04(火) 18:50:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。