私設強襲部隊ペドフィリアズ
国家を隠れ蓑に暗躍する闇の部隊、その名はペドフィリアズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

そうだ、実家帰ろう

実家に帰らせていただきます!

しかし実家に帰ってもやることがないのよね。
こっちに居た方が暇を弄ぶような事がなくて良いのだけれど。
実家で独り暮らしている母親の事を想うとそうも言ってられませんよねぇ。

あー面倒臭い。

スポンサーサイト


  1. 2004/12/27(月) 22:19:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

内線4番業務連絡です

えー。

ふられました。彼女に。

しかもクリスマスイブに。

伝説を作ってしまいました。

「クリスマスイブにふられる男伝説」というものを。

だからこの日記を読んだ人は、できれば私に「最近どうなの?あの娘とうまく行ってる?」のような質問はしばらく避けてください。
冗談のつもりでもしないでください。1ヶ月程度経過してからにしてください。
もしこの忠告を破った場合、法律で罰せられることはありませんが、私自らが執行人となり、裁定を下すことになるかもしれません。
その場合、被害者は鈍器のようなもので後頭部を殴られた状態で発見され、警察が他殺事件として捜査を開始することになるかもしれません。

でも私には他人を殺すことなどできやしねぇ。

ただ、わかったことは、"男の気持ちをわかってくれる女"なんて生き物は滅多に存在しないとうことです。発見されることは極めて低確率です。UMAです。地球外生命体です。

そしてもうひとつ、私は"女の気持ちをわかってやれる男"ではないということです。残念です。死んでしまいてぇ。

「もっと前向きに生きようぜ」「まだ若いんだから明日がある」などといった励ましの言葉はとても嬉しいのですが、前に進むべき明日が全く見えないので進む気が起きません。

でも俺の明日はいつだって真っ白だから。
見えない明日だからこそ、前に進んで確かめなければいけないことがそこにはある。



  1. 2004/12/26(日) 14:47:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ディズニーラソド

夢の国ディズニーラソドに行ってきました。

とりあえず言わせてください。

道のど真ん中で立ち止まってイチャつくんじゃねぇ!通行の邪魔なんだよバカ助どもが!端っこでやれ!もしくは帰れ!二択!

お前はどうなんだよとか言われたら俺はやってねぇよとこっちにはいつでも逆ギレできる用意はできてるんだ!

しかし遂に日記にうっすらとノロケを漂わせるようになってきた俺はもう駄目かも知れません。死ぬかも。68年後ぐらいに。



  1. 2004/12/22(水) 22:06:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

googleさん…

http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%82%A2%E3%83%AB&lr=

ワーイ試しにググったら何故かこんな結果に。
さすがgoogle。

それはさておき。
PCを自作しました。この日記も自作マシンで書いてます。OSもXPproになって、何やらあちこち角が丸まっておりビックリ。何のことやら。
旧マシンからのデータ転送がまだなので、過去絵の再うpはもうちょっとかかりそうです。
まあ旧マシンからネット繋げば問題ないんだけども。
今になってみればさらしたくない絵もたくさんあって困った困った。
おまけにディスプレイが一個しかないので、ディスプレイの接続コードを使い回すという状況に。何とかして旧マシンと現行マシンを繋げないものか。
LANか。LANなのか。
よくわかりません。誰か詳しい人助けて!




  1. 2004/12/20(月) 23:16:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

COUNTRY MA'AM SOLID3 ~THE MA'AM EATER~

~前回までのあらすじ~
マアムの謎を解明すべく、CIA局員・ベルカインにコンタクトをとった俺だったが、ベルカインから得られたものは「マアムにこれ以上関わるな」という警告だけだった。仕方ないので渡米した。
そこで俺が見たものとは!?

http://www.fujiya-peko.co.jp/event/01country/maam.html

要するに家庭夫人(ma'am)の手作りクッキーだからマアムなんですね。
これにて一件落着。


今日は所属研究室の研究発表会でした。と言ってもウチの大学だけではなく、他の大学×2も加わって、それぞれの研究室が行っていることを発表するというものでした。
それは2時間に渡って椅子に縛り付けられ、箸にも棒にもかからねえような発表をダラダラ聞かされるというものでした。いや、もちろん良い発表もありましたけどね。

んで発表会も終わって、親睦会を行うということになり、一同は食堂へ集合。そして三大学による親睦会が始まったわけですが。

微妙でした。

最近の若者は、「微妙」という言葉を多用しがちだと言われています。“何とも言えない状態”を「微妙」という一言で片付けてしまう。これは日本語が変わってきているということを表していると。

でも微妙でした。
とにかく微妙でした。
あれほど「微妙」という言葉が相応しい場は久しぶりです。

とにかく微妙だったんだよ。

これ以上言う事はない。



  1. 2004/12/18(土) 19:49:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カントリーマアムは美味い

カントリーマアムのうた。

カントリー カントリー カントリー マアム(ヘイ!)
カントリー カントリー カントリー マアム!(ヘイ!)
カントリーマアム(ヘイ!)カントリーマアム(ヘイ!)
ウォウ ウォウ ウォウ ウォウ ウォ~~~

久々にカントリーマアム食べたら美味くてビックリなKDです。

しかしカントリーマアムというその名の由来は何なんでしょう。
“カントリー”はなんとなくわかります。きっと何処かの故郷の味がするってことでしょう。
しかし“マアム”とは何か。マアム、マァム…

はいここで某女武闘家を考えた人はアウト!よって俺もアウト!電光石火のダブルプレイ!

あのマァムはエロいですよね。程良いむっちり具合とかパンチラとか。いやあれはレオタードなんだというツッコミは無しです。その発言は子供の夢を砕きますゆえ。

話がそれた。

そんなわけで、“マアム”の謎を探るべく、私は独自に捜査を開始しました。
調査の基本は、とりあえず身近なものから探るべし。そこで私は、袋の裏側を見てみることにしました。
そこで私は意外にも、手早く核心に近付くことができたのです。

そこにはこう書かれていました。

「古き良き時代のアメリカに伝わる、チョコチップの香り豊かなカントリー風ソフトクッキー。外はさっくり軽い歯ざわり、中はしっとりソフトな味わいです。厳選した原料をてまひまかけてじっくり仕込み、ていねいに焼き上げたホームメイドタイプ。上品なバニラと香ばしいココアの味わいをお楽しみください。」

つまり、「“カントリー”は何処かの故郷のことである」という私の予想は正しかったのです。“カントリー”とは古き良きアメリカのことを指していたんですね!「あの頃のステイツは良かった…」という、フロンティアスピリットに溢れていた古き良きアメリカを振り返る製造者の深い感慨が伝わってきます。

では肝心の“マアム”とは何なのか。それはおそらく、“アメリカのカントリー風ソフトクッキー”のことだと思われます。

しかし、これだけです。
何故、アメリカのカントリー風ソフトクッキーのことを“マアム”と呼ぶのか。その答えは得られていません。

このままでは埒があかない。

そこで私は、米国中央情報局のJ・D・ベルカインにコンタクトを取ってみることにしました。長いコール音の後、ベルカインが電話に出ました。短い世間話の後、私は早速本題を切り出しました。
その途端、受話器の向こうの彼の口調が変わったのです。

ベルカイン「Oh,well,terribly solly,I can't respond that question.」
(…非常に申し訳ないが、その質問には答えられないんだ)
俺「Why? It's silly question,isn't it? Ha,this is a mere cokkie!」
(なぜだい?他愛もない質問じゃないか。ハハ、単なるクッキーの話だぜ!)
ベルカイン「...Anyway,no.」
(…とにかく駄目なものは駄目だ)
俺「...Okey.I'm sorry for keeping you long.」
(…わかった。手間をとらせてすまなかったな)
ベルカイン「Wait!...I will say this for you.You must not take part in "MA'AM" anymore.Ok?」
(待て!…お前のためにこれだけは言っておく。マアムにはこれ以上関わるな。わかったな?)
俺「What? What do you mean...」
(何だって?それはどういう…)
clack!
(ガチャリ!)

電話はそこで切られてしまいました。
「“マアム”にはこれ以上関わるな」
ベルカインは何故こんなことを言ったのでしょう…?
どうやらこれは、アメリカ本土に渡って調査をする必要がありそうです。

さ~って、来週のサザエさんは~?
カジキです。
CIAですら隠蔽する“マアム”の謎とは!?
次回は、「THE SONS OF LIBERTY」の一本です。
ジャン・ケン・ポン!(グー!)
ウフフフフフ!



  1. 2004/12/15(水) 19:46:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

量子戦隊クオーク

最近は知識を教育テレビから得ているおれ。
さて今日は何を学ぼうかな?
おっと。粒子の話をしているぞ。こいつは興味深い。

ふむふむ。

クオークの話でした。
クオークってのは原子よりも小ちゃい物質(と言っていいのか?)のことですわな。
へー。
クオークは今のところトップ、ボトム、チャーム、ストレンジ、アップ、ダウンの6つがあるそうです。
ここで勝手に俺予想。

「量子戦隊クオーク」
トップ…勝ち気。オネエ言葉でしゃべる。みんなのリーダー的存在。
ボトム…おっとりしている。ドジ。むちむちぷりん。重武装。
チャーム…ロリ。
ストレンジ…冷静。頭脳明晰。眼鏡っ娘。
アップ…活発。運動神経抜群。一人称は「俺」。
ダウン…無口。暗い。でも根はいい子。

要するにクオークってのは6人の少女達が繰り広げるハチャメチャ冒険活劇のことなんですわな!

その内描くかもしれんし描かないかもしれん。



  1. 2004/12/15(水) 00:45:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水兵リーベ北の船

知人に頼まれてた絵を描きました。

20041214000249.gif


これね、ここだけの話ね…

なんか変な絵なんですよ。
肩がおかしい。
そんな絵を贈る俺はクズ。人間のクズ。クソの紙クズ。燃えるゴミ。
燃やせ燃やせ命を燃やせー。



  1. 2004/12/14(火) 00:07:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

the sand storm

テレビがつまんねえー。
おもしろい番組やってねえー。

そう思ったことありませんか?
僕はあります。正に今その状態。
そこで僕がとった驚きの行動とは!?

砂嵐の画面にしてみました。

そうです。あの「ザーッ」てやつですよ。

う~ん。

う~ん。

何かおもしろいことが浮かぶかと思ったが。

ダメだ。

明日はTOEICとかいう、己の英語力を駆使して悪の帝国と戦うテストなので早めに寝たいとおもいます。
ちなみにTOEICとは、

T…たまには
O…おんなのこだって
E…えっちなこと
I…いっぱいしてみたいのぉー!しかしそれは
C…CIAの陰謀だ!

の略であるということは未だに知られていません。
ウソつきは泥棒のはじまりはじまり~。



  1. 2004/12/11(土) 01:09:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリスマスのシステム

クリスマスのシステムがよくわかりません。
一般には、
24日がクリスマス。
25日がクリスマスイヴ。
と言われています。
24日がクリスマスなのはいいです。別に。
で、25日がクリスマスイヴ?
サンタクロースはクリスマスとクリスマスイヴ、どちらの日に来るんでしょう?
やっぱりクリスマスイヴ?
じゃあクリスマスの前の日は何?ただの23日?
んでクリスマスになったら一気に騒ぎ出すの?
それっておかしいですよね。
いや、アメリカとかはいいんです。キリスト教国家ですから。しかも彼等にとっては、クリスマスは大晦日みたいなもんですから。大晦日に向けて色々準備して、その前日とかに大騒ぎするのはわかるんです。
だけどナニ?
要は俺が言いたいのはだな。

日本人なのにクリスマスだと言って騒ぐのはおかしい。
とか言うとアレだな、「子供の夢を壊すような事を言うんじゃない!」とか言われますがね。

ばかじゃねえの。

アメリカ(というかキリスト教国家)の子供に言ったら、それは確かに夢を壊すことになるでしょうね。だから俺はアメリカの子供に、「サンタなんて来ないよ」なんて言いません。

でも日本の子供はどうだ?

アレだよ?サンタクロースはキリスト教の偉人だよ?
なんでキリスト教の偉人が、独自の確固たる宗教も持たない“とりあえず俺達仏教徒”みたいな国の子供にプレゼント寄越すんだ?
寄越すわけねーだろ。世の中そんなに甘くねーよ。
それなのに、「クリスマスだからプレゼントを…」とか言ってる奴はあほ。超ド級あほ。特に大人は、あほ。
24日は24日です。クリスマス?日本は関係ないでしょ。
日本にクリスマスなんて行事はねえんだよ。カレンダー見てみろ、24日は祝日じゃねえだろ。

だから俺に言わせればアレよ。
24日は「日本を占拠した国がなんかめでたそうだから便乗するデー」
25日は「日本に原爆落とした国がなんかめでたそうだから便乗するデーイヴ」
なのです。

別にイヤな事があったわけじゃないけど、なんとなく。
クリスマスクリスマスって浮かれてるヤツらを見ると、つい、ね。



  1. 2004/12/10(金) 00:00:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ハウルの動く大統領

初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンの口癖は、

「実家の農場に帰りたい」
だった。
(トリビア風に)

すげぇ消極的ッ!
消極的でも大統領になれるんデスねー。
すごいなー。教育テレビってためになるなー。

よし、では見てない人のためにいい事を教えてあげましょう!

<人の心を動かす演説のコツ>
①.最も重要な事(言いたい事)を10秒以内にまとめる。
②.演説中、適度な間をおく。
③.否定形を多用しない。

これでキミも今日から大統領だ!

ただ思ったのは、①の“要点を10秒にまとめる”ってヤツですが、これはアメリカの場合、つまり、英語だから10秒なんじゃないのかと。日本語の場合だったらどうなんでしょ。
知りません。

ここで、「俺もその番組見たよ!受け売りの知識をエラソーにひけらかすな!」と思った人は前に出なさい。
大丈夫、先生怒らないから。隠し撮りした写真を盾に脅迫して肉○隷にするぐらいで許してやるから。

そんな先生は最低です。

まとまりがねぇ。

こんなんじゃ大統領にはなれませんからぁ!残念ッ!切腹ッ!重傷ッ!先生ッ!急患ですッ!オペの準備だッ!…!御臨終ですッ!父さんッ!?…父さぁぁぁんッ!!完。



  1. 2004/12/08(水) 00:07:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とりあえず

何もしてないのに疲れた。
ダメだこりゃ。



  1. 2004/12/05(日) 22:22:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バック・トゥ・ザ・夢

書く事がないので昨夜見た夢の話でも。かなり長いです。


なんかクリスマス一色の地下街みたいな所に居る俺。
どうやら彼女と待ち合わせをしているらしい。
遅いな~と思っていると、突如周囲が暗くなった。それと同時に、辺りにいた通行人達がどんどん消えていく。しかし全員消えてしまうわけではなくて、ある程度人が減った所で、その現象は収まった。
消えずに残った人達は一体どういうことかと騒ぎ始める。
かく言う俺も呆然自失で、その場に立ち尽くすしかない。
そんな俺の前に、クマのぬいぐるみを手にした幼女が俺の前に現れた。その幼女が言うには、”誰かが過去の時間をいじくったために、歴史が歪んでしまった”のだという。
んで、その”歴史の歪み”とやらを元に戻さんことには、俺は彼女と永遠に会えなくなるらしい。
それは色々と厄介なので、俺はその謎の幼女と歴史を元に戻す為に行動を開始した。
が、さらにその幼女は、”この地下街は異空間になってしまっていて、様々な時空と繋がってしまっている。しかも歴史を元に戻さないとこの地下街から一生出られない”と言う。歴史を元に戻すには、その”様々な時空”に行って、何か行動を起こさんといかんらしい。しかも一生異空間に閉じ込められるとあっては尚更だ。
というわけで幼女と共に”様々な時空”に行くことに。
最初の時空は江戸時代の城の中のような感じなんだが、中がやたら入り組んでて、茶店とかある。なんか奴隷と一緒に働く羽目に。どうやったかは忘れたが、ここは解決。
次の時空は変な基地みたいなとこの柵の外。辺りは夜。柵の中にはヘリとかが止まってる。どうしていいか戸惑ってたら、アメリカ人女性が向こうの方から走ってきて、「run!(走って!)」とか言う。言われるがまま走る。んでどうなったか忘れた。とりあえず解決らしい。
んで色んな時空(なんか実家の方の風景に似た場所とか、廃墟みたいな所とか、もっかい江戸風の場所に戻ったり)を巡って、結局元の地下街に戻ってきた俺と幼女。そしたら外に出れるようになっている。クライマックスの予感。
外に出ると、港みたいな場所。どうやらまだ異空間らしい。
すると、俺そっくりな奴が俺の目の前に。
ていうかコイツ俺そのものやんけ!そしてラスボスのオーラまで出してる!
幼女が「こいつは歴史の歪みから生まれた、あなたの異なる姿よ」的なことを言う。要はパラレルワールドの俺らしい。
最終決戦!
殴り合い。地味。
しかしニセ俺は俺のクセしてやたら強い。
俺ピンチ。
すると、幼女が遂にその謎のベールを脱いだ。
「私の力を吸収して、コイツを倒して!」なぜ!?
「私もまた、パラレルワールドのお兄ちゃんの姿なの!」うそーん。
なんで幼女やねん。しかしそんな事に構っている暇はない!
幼女を吸収だ!ばけもんか俺は。
そしてパーフェクト俺となった俺。ニセ俺をボッコボコに。ニセ俺消滅。
しかし、幼女は俺に力を与えた(吸われた)せいで瀕死に。
「ありがとう…これで歴史が元に戻るよ…お兄ちゃんと会えて良かっ…た…」
幼女消滅。
異空間も元通り。
ところが彼女がいない。
探す俺。きっと地下街の何処かにいるはずだ…


そこで目が覚めてしまいましたとさ。
後味悪ぃ!



  1. 2004/12/05(日) 03:39:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドイツの言語は世界一ィィィィ!

何か今現在教育テレビでドイツ語講座をやってるんですが。
カッコいいね!
よし俺ドイツ語を学ぶぞ!

Achtung,Panzer!(勘違い)
Sieg hail!(さらに勘違い)

しかし何でペナルティが出てるんだこれ!?
ペナルティとドイツ語まったく関係ないだろが!

まぁ何でもいいけどな。(投げやり)

そんじゃ!今日は書く事ないからこれにて!
Auf Wiedersehen!



  1. 2004/12/01(水) 23:59:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。